2012年07月10日

火属性のブック

ダムウッドー。
ランキングフロアで風ばかりを使っていたら地属性と遭遇する事がおおかったので、火属性を使い始めました。
現段階での構成がこんな感じ。

当初の構成は、ジェネラル=カン4枚に加えてグラディエーターが3枚入っていました。
本当は4枚入れたかったけど3枚しか無いんだ。
4枚揃ってないカードは、もう残り10種類くらいだというのに!

グラディエーターをブックに入れて、武器以外のアイテムも入れなければグラディエーターの弱点は無くなるぜー! というのが好きです。サーガでも度々そんなブックを使っています。
そんな訳で、アイテムはブーメラン2枚のライフスティーラー2枚、あとリビングシールドが3枚という構成だったんですよ。
そしたらそれが安定しないの何のって。
特定のクリーチャーに弱すぎた。
具体的にはナイキーとイエティ。
今作ではすっかりカウンターを見かける頻度が減ったため、移動侵略の嫌がらせっぷりが勝敗に直結するレベルなことが多々ありますね。
考えを改めた私はカウンターシールドをブックに入れることにしました。

カウンターが入るという事は、さらばグラディエーター。
変わりにファイアードレイクとシェイドフォークを投入。
というかイエティにすっかり心をやられた感がありますね。
まぁ無属性は入っていたほうが良いでしょう。
ちなみに余談ですが、リビングシールドがアイテムなんでも持てるので、武器を持てばイエティを倒せるよ!!

防具が入ることにより、ピラーフレイムとガスクラウドが使いづらくなるなー。
使いづらくなるーんですけど、ガスクラは居ないと困ることが多い気がします。
居たら居たでイビルブラストがファッキン野郎なので困りますが。
そんな感じでまだまだ調整不足です。

しっかしイノセンスさんのブックと僕のブックではクオリティが段違いですね。
強そうだわカッコイイわ。
自分の使いやすい方向で、なんとか完成度を上げていきたいと思いました。
posted by つし at 01:41| Comment(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

ランキングフロア開場

今日からスタートしました、カルドセプト・ランキングフロア。
ダムウッド、目標7000G、40ラウンド制限。
20時の開始直後から遊べたのでざっと4戦やってきました。

まず最初の1戦は足スペル満載ブックを使用。
完全に置き負けて、足も引かずに踏みまくり最下位でした。
また一人AIだったけど、私が最下位でした。
まぁ踏んだら仕方がない。
ほぼ逆転は無理だったのですが、僅かな何かを期待してバックワードからのレベル上げを狙ったら、7が出てさっき踏んだレベル4をまた踏みました。総魔力100円ちょいになりました。
そんな事もある。
ちなみに足スペル満載とはいえバックワードは入れていません。セフトで頂いたものです。
これが因果応報か。

その後、ヤケになって風のライフフォースブックを3回使用。
1回目、相手の方がカード揃っていないような感じで、ライフォもブン回り圧倒的勝利。
2回目、相手にまさかのウロボロスブック。
私のブックでは対策はありません。
しかも序盤からホーリーワードがいっぱい見えてて、なるほどウロボロスの嵌めブックか、これは厄介だぜというかライフォは間違いなく消されるな。
そんな絶望感満載でしたが、中盤以降にはライフォが安定してました。
とはいえレベル5踏んだり、しかし手札にはレベラー様が居たり、でもやっぱり色々きつくて、こうなったらもう通行料に期待するしかないと、いつも通りの思考で動いていたら通行料貰えたので勝ちました。
通行料最強。
3回目、まさかのライフォ二人。もう一人の方がすげー辛そう。
しかし序盤で完全に置き負け、さらに少ない土地を守ろうとアイテム使ってたら中盤で完全に息切れ。
ライフォなのに領地が2つしかない!
しかも僕の使っているブックはガルーダ特化の構成だったので、死ぬ程キツイ展開でした。
あまりにも何もできなくて凄く詰まらない展開でした。
1位のライフォの人が次の周回で達成しそう、という段階で僕の総魔力2000以下。
ああもうこんな時は通行料に期待するしか無いですね!!
という事でレベル5作成、あとは運任せか。
しかし1位の人、周回を無視して反対側から城を目指すの構え。
しかし僕のブックにはサブサイド&ローカスト。
終盤まで引いてこなかったので、それに期待してはいたのですが、素晴らしいタイミングで2枚引いて来ました。
さらに、もう一人の地ブックの人がシニリティを付けた土地に俺着地。レベル4ドラゴン土地に対してガルーダ+リビングスピアで侵略。
ここでドラゴンが武器を持てばガルーダも死んでいたのですが、持たず。
お、これはワンチャンスの目が出てきたか!?
とテンションが上がった所で、地ブックの人が僕のガルーダにカモフラージュ付与。
これはどういった意図だったのでしょうか。
ガルーダで領地を奪えたとしても、横移動であっさりと取り返されてしまうので、それをさせない為に、つまりゲームを長引かせる為に使ったのか。
もしくは、あっちのライフォの人に相当痛い目を合わされてきたので、私の後押し的な意味で付けたのか。
真偽は不明。ただし残りラウンドは僅かだった。

僕は。
後押し的な意味で使ったのだと思いました。
間髪入れずにアイコンチャットで「×」を送信してしまいましたが、必ずしもそういう意味で呪いをつけた訳じゃないんだから、それはどうかと後で反省しました。
しかしーーーー。
折角ものすげー劣勢を挽回しようと色々考えてきたのに、後押し的なアレで横槍を入れられてしまうと途端にゲームが面白くなくなってしまうのです。
この対戦は、規定ラウンド終了で僕が勝ちました。
しかし、うむむ。
結局自分が出したアイコンの所為でスッキリしなくなった感じだ。
やはり僕はアイコンチャットを使わずに生きていこうと思います。
ちなみに僕は対戦スタート後の挨拶すらしていません!
DS版の頃からこうだよ!

そういえば3DS版にはミュートってないんですかね?
DS版ではなんかのボタンを押しっぱなしにすればミュートが出来たのですがー。

そんな感じで。
4戦やって3勝。
全部3人戦。
風のライフォは出遅れた後の挽回がきつい。
あと風領地が取れなかったら無理。
今回の4戦目では全く風に着地しなくて、結局自力地変を2回やって風領地を2つ確保しました。
相手のブラッドプリンがえらい強かったです。
あとコロッサスが3枚しか無いので早くもう一枚が欲しいです。
posted by つし at 00:06| Comment(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

だれでも対戦やってみた

ランキングフロアの開場が6日の20時ということで、それまでは特に対人戦をするつもりは無かったのですが、ランキングフロアに入るにはアリーナポイントが50P以上いないと参加できない!
ということで昨日と今日にやってみました。
ちなみに3人戦で勝つと40P、4人戦だと50Pです。
ランク戦に参加するつもりの方は予め貯めておきましょうー。
http://3ds.culdcept.com/online/arena/ranking-floor/2/

んで。
だれでも対戦をやってみた感想。
まずは回線の状況が宜しくないっぽい。
3人戦を合計6回やったのですが、その内4回は早い段階で一人がAIに変わっています。
4回とも同じようなタイミングでAIになっていますし、状況的に故意の切断ではないと思います。
その4回全て、残ったもう一人とは最後まで対戦できています。
ランキングフロアが20時という人の多そうな時間に開始されるというのは、大きな死亡フラグ的なものを感じてしまいますが果たして……。

対戦内容の感想。
カードが揃っていない人が多い。
まぁ発売から1週間しか経ってませんし!
僕達のようにデク回ししまくってフルコンプ目前! という人種の方がレアなのは確かですね!
しかし勝負は非情。相手が初心者だろうがベテランだろうが私には関係ありませんのだ。
というかですよ。
地味なカードが凄い強い。
バトルアックス&スケールアーマーとか、評価を改めてもいいレベル。
といっても10円20円足せばもっと性能のいいアイテムがあるんですが!
しかしそれらはレアリティが上がっているので、アイボリーアイドルと組み合わせる場合にはアリなのではないかと。
と思って実際にそんなのブックを組んでみました。
結果、バトルアックスもスケールアーマーもブックには入りませんでした!!!
世知辛いですね。
アイボリーに関してはまた後日にでも。

手札が覚えられない。
今回は下画面に自分の手札が表示されているため、意識している人はすごい勢いで手札を隠してきます。
集中して画面を見ていないと、手札がいつの間にか閉じられている事が多々あります。
ここら辺もテクニックではあるのですが、ミスが多発する原因になってしまうのでやや微妙かなぁ、と。
手札をキチンと見ていない人間が悪いと言われればそれまでではあるのですがー。
カルドセプトは難しい。

対人戦をやってみた結果、周回が強い&通行料が強い、という思いがより一層強まりました。
イコール、足スペルが強い。
周回しやすくなるわ、通行料を避けられるわ、自分の高レベルにハメられるわ。
ホーリーワードの強さがDS版以上に感じられます。
DS版ではブックに足は、多くても8枚くらいまでしか使っていなかった私ですが、3DS版では余裕で12枚以上入ってしまいます。
HW8、HW6、ヘイスト、フライで16枚も余裕でアリ。強い。

んで、みんながみんな足スペル山盛りな環境になったら、相手の高レベルを落としにいくようなブックが輝いてきそうかなぁと。
そんな印象。
まだまだ対戦数が少なすぎてなんとも言えませんな!
ブック相性が色々と大きいので、どんな対戦に遭遇したかによって感想は変わってきます。
地獄の様な対戦を経験した人もいることでしょうー。
今回のカルドセプトは、妨害系のカードをどの程度見かけることになるでしょうか?
いよいよ明日からランクマッチが開始されます。
最初のランクはきっと楽しい?
色々やってみるのも良し、只管勝利だけを目指すのも良しです。
私は勝利しか見てません。
その所為で、特定のブックばかり使うようになってしまってアレです。
自由に生きましょう。
posted by つし at 00:43| Comment(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

カルドセプト四日目

当初は完全に役立たずかと思われたアメリアさんの強欲商売により、主だったカードは揃って来ました。
あと必要なのはリンカネーションとか火属性のクリーチャーくらい。
アメリアさんのお陰でカードは揃ったのですが、欲しいカードをピンポイントで出してくれないというモンスターハンターも真っ青の物欲センサー搭載。
アップヒーバルを4枚揃えるのに100回くらい、ブラッドプリンは150回くらい掛かったわ!!
レアリティSが難関な気がしました。
どうせ揃うまで繰り返すんですからもっと簡単にくれたっていいと思います!!
しかしカードなんて集めてしまえばこっちのもんよ。
あとはストーリーを進めつつ、必要なカードがあったらアメリアさんのフェアー待ちでやっていきましょう。

そんなストーリー。
クリア後はハンデ戦を選べるようになりますが、これはどうなんですかね。
スゴロク要素が高すぎて、正直微妙に思っています。
つーか、通行料アップが極端すぎるんです!
ハンデ1の段階で既に1,5倍とかマジで異常。
2倍になったらもう踏んでられませんよ!!
もう少し細かい調整にすればよかったのになー。

それと最初のマップであるデュナンが鬼門すぎです。
目標魔力5000なのに、あの差は酷い。
狭いマップじゃなければハンデあっても平気ですが、デュナンであれば酷い。
ハンデ5のグレートフォシル3体に対しては、おもわずアシッドレインをぶっ放しました。

対戦始めたらマップが全部一つの属性に染められてたり、1:2の同盟だったり2:1の同盟だったり初見殺しがあるのも宜しくないです。
度々マップ見てからリセットしてます。
そんな感じで私からの評判が悪そうなストーリーですが、一般の方々の評価がどうなのかは知りません。
そもそも今までのカルドセプトでもストーリーが面白かった事はないですからね!!
対人戦メインの目線からしたらこんなもんです、多分。


話は変わりまして。
Bookdb Sagaからお世話になっている素晴らしいHPの3DS版がオープンしております。
その名もCepter's Note!
http://rettura-festa.net/culdcept3ds/
多機能高性能のスーパーブック登録サイト!
ブックを登録する以外の情報や統計が豊富で死ぬ程素晴らしいです。
ゲーム内で見られる「特記事項」や「解説」がそのまま載っているというのには恐れ入りました。
どんだけ頑張ったのですか!!!

とても感動したので記念にブックを登録してみました。


あ、ゲーム内の名前は結局るうつ にしました。
違和感が大きいデス。
キャラクター名はそれなのですが、ゲーム以外では「るうつ氏」で登録するのが良かったなぁ、つしさん のままでも通るから、とか思いました、どうでもいい。

さておき。
まだ対人戦を一度もやってないのでバランス等は未調整です。
というかストーリーでは色々なスペル使うのがアレなので殆ど足しか使ってません!!
対人戦でどういうブックを組めばいいのか全然分かりませんね!
まぁ足は強いのでこのままでもいいのでしょうけれど!

解説。
ガルーダは今作で間違いなく最強のクリーチャーですが、風属性には手軽なクリーチャーが居ません。
領地コスト無しでHP60のクリーチャーが居ないのが難しいですね。
火にも60は居ないけど、でもガスクラウドが居るし。
それと先制持ちの40/40が居ない!
ハーピーやケンタウロスがあの性能であのコストではわざわざ使う気が起きません。
ということで、クリーチャーのコストは諦めて、別な部分で調整しようとしたのがこちらの構成です。
防具をウィンドシールドに任せることで、魔力の限界ギリギリまでクリーチャー配置を可能にしました!
もうすぐ城だけど手持ち魔力が少ない! でもクリーチャー置きたい! でも防具使えなくなったら土地落とされちゃう!
そんなありがちなシチュでも安心です。

あと、たった今思い出しましたけど3DSには雪辱とかありましたね。
ウィンドシールド4積みはどうかと思いました。
やはりスパイクシールドか。

風のクリーチャー選択は何がいいんですかね?
ヨーウィは普通に使いやすいのですが、やっぱり80円がネック。
ナイトもいいのだけれど、HP50が欲しいのです!!
となると、あとはもうハリケーンしか居ないのですが、防具不可が大きなネック。
ガルーダがパワーブレスレットと相性悪いので使っていないのですが、グリフォンやレベラーにはパワーブレスレットがとても強いです。
ガルーダは強いけれど、入ってなくても強い風ブックは作れそうな感じですね。
つーかレベラー。
レベラーまじやべぇ。
どうしてこの様なクリーチャーから生贄を抜いてしまったのか。
拠点にできるバジリスクという、非常に私好みなクリーチャーになってしまいました。
他属性を使った場合のレベラー対策とかすげー大変そうですね。
HP60は厄介すぎる。

そんな感じで!!
カードが揃って、ようやくカルドセプトスタートです。
今作で私はどの程度戦えるのでしょうか?
ランキング戦までに、いっぱい頭を回すとしましょうー。
posted by つし at 23:05| Comment(2) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

クリーチャー云々

今作の良さげなクリーチャーさん達。

領地ボーナスが過去作の2倍に増えた事により、クリーチャーのコストが高くても強いものをブックに入れるのが良いのではないか。
とか思っていたのですが、安いクリーチャーはやっぱり使いやすくて良いです。
でも安くて使いやすいのはあまり居ない印象。
その中から幾つかピックアップしてみます。


・無属性

ウルフ、10円。
ここまで安いクリーチャーは中々いません。マジでアリな気がします。マップにもよりますけど。

バルダンダース、10円。
私はバルダンをあまり評価していないのですが、安いのは安い。

バンディット、20円。
普通のブックには入れなくていいです。

・火属性

シャラザード、30円。
今まで55円だったのが大幅に安くなった!!
領地能力も相当にCOOL!
wikiのカードリストを見ながらコレ書いてるのですけれど、表記ミスなんじゃね? とか思ってしまうレベル。


・水属性

アイスウォール、50円。
HP+20かよ! こんなの使うわけないじゃない!
とか思っていたらまさかの配置制限無し。
一気に評価が逆転です、これなら普通にブックに入る。
ただ50円は多少高い、40円で良かったと思います。

ゼラチンウォール、40円。
防具が使えるので良い。
アイスとゼラチン、どちらも十分に良い感じ。

ブラッドプリン、30円。
破格。どう見ても強い。


・地属性

ストーンウォール、30円。
アイスウォールに比べてかなり地味な基本クリーチャーでしたが、今作は恐らく一級品なのではないかと。
配置制限がなくなるというのはここまで大きい事だったのか。
他のクリーチャー選択と合わせて、防具を入れないで済むブックならー。
マッドマンとかドラゴンゾンビが防具使えませんからね。
かなり見かける事になるクリーチャーなのではないでしょうかー。

その他、地属性には40円で出せるクリーチャーに性能が高いものが多いですね。
援護にお金が掛かってしまうのをどう考えるかがポイントか。

・風属性

スペクター、30円。
安定しないけれど、レベル1土地を奪えるかもしれないという点は良いところか。

今回の風、安いクリーチャーでまともな物が全然いない。
DS版でも同じ様な感じでしたが。
スプライトは10円だけれど全く使う気が起きません!
どうすりゃいいんだ、風。



コストを気にしない場合に強そうなクリーチャーとしてはー……。

ガスクラウド、コンジャラー、ジェネラル=カン。
ガスクラとコンジャラーさえ居れば火属性は安泰です。
カンは、発売前にはそこまで評価していなかったのですが、何も意識しないでいても十分すぎるというか強すぎるレベルのSTが出る感じだと思いました。
こりゃつえーわ。防具使用不可で良かった。

水は特別強そうなクリーチャー無し。
でも全体的に使いやすいと思う。

地も特に無し。
でもマッドマンが強いので何でもいいです。

風には最強クリーチャーのガルーダが。
ガルーダ一人だけ浮いてるレベルの強さ。
しかしお供のクリーチャーがいない。
まともなクリーチャーは80〜100円してしまう。
風はウェンディゴ、レベラーという通行料対策が優秀です。
あとは、なんか今回グレムリンが普通に強いような気がします。いややっぱり微妙かもしれません。分かりません。


以上。
いろいろスッ飛ばしましたが、私が現段階で注目しているクリーチャーはこんな感じです。
特別強そうなのが、ガルーダ、ガスクラウド、マッドマン。
てかこれ全部、過去作から全く変更点の無かったクリーチャーじゃねェか!!
色々と弱体化されたものが多いので、必然ですね。
あとストーンウォール。最強。
posted by つし at 15:55| Comment(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

カルドセプト初日感想

ニンテンドー3DS、カルドセプト。
本日発売致しました。
昼前に届いて、それから10時間やってみました。
ストーリークリアして、その後のハンデ有りの対戦を数回。
23戦の21勝。
今回余裕でCOM相手に負けられます。
普通に負けるのはいいんですよ、別にィ。
ただ同盟がヤバイ。
COMと組む同盟戦が完全に苦行。正直全く面白くないレベル。
カードが揃ってくれば、地変やらランドトランスで強引にやれるのでしょうがーーーー。
味方のCOMがとんでもなくウザったい。
クリーチャー置けよ!!!!!!
今回領地ボーナスがヤバイのに、延々クリーチャーを持ち続ける味方を見ているとすごくイライラします。
特にセレナ。
可愛さに騙されてクアンゼでセレナを選んで死ぬ程後悔しました。

今回の序盤、相当苦行です。
率直な感想を述べますと、スゴロク。
足スペル無いし、コスト高いし。
普通にダイス振ってクリーチャーを配置しまくるしかない。

カードゲームには「事故」が付き物です。
序盤に必要なカードを引けず、劣勢のまま終わってしまう。
トレーディングカードゲームでは基本です。
でもカルドセプトではそういった事故の影響が、そこまで無いゲームだったのですよ。
勿論序盤にクリーチャーを引けないのは死ぬ程キツイです。
序盤の遅れが勝敗に影響する事も多いです。
でもなんとかなったりする。

でも今回のカルドセプトは事故がすげーキツイ。
ボーナスの差がすげー影響する。
COMがクリーチャーバラ撒いて、普通にレベル上げて、普通にそのまま負けそうな事が多すぎる。
まぁここら辺の感想は、カードが揃っていない所為です。
なので序盤が苦行。
10時間やってカード総数344枚。
まともなブックなんて組める訳もねぇ。

この負の感情が前面に出ている現在に色々感想書いても、正しい感想になっているのかどうかは微妙ですがー。
現時点での不安なところ。
シェイドフォークとファイアードレイクから不穏な空気しか感じません。
被っただけで極端にST出ちゃう。
そんなのテキストから分かりきってた事ですけど、やっぱり嫌な予感しかしません。
どうなるんだろうなぁぁぁ、マジで。

あとは期待していたマーケット機能がさっぱり役立たず。
終盤フルコンプを目指すには便利なんでしょうけどー。
カード揃うまでがキツイ。カード集めがキツイ。

wifi繋いで、ブックをダウンロードして、それをストーリーで使えるのですが、領地コストきつすぎてアレです、ダメです。
普通にクリーチャーいっぱい積んでた方が楽だと思いました。
なので僕は現在、防御型クリーチャー満載のたかぼ〜さんリスペクトウォールマニアなブックで頑張っています。
壁最強。

そんな感じで!!
すっげぇネガティブな日記になりましたが、面白いかどうかは現時点で判断できません!
もっとカード集めるのを簡単にしてくれて良かったと思います、マジで。
posted by つし at 00:02| Comment(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

サクヤとバードとマジックブースト

昨夜はサクヤで盛り上がっていたとか何とか。
日付が変わり、いよいよ6月です。

カルドセプト。
今日のカード情報は、サーガから参入のサクヤ。
サーガでは、即時という能力も相まって、非常に使われる事の多かったクリーチャーでした。
即時というキーワードが無くなった3DSでは出番の無いはずがまさかの参戦。
おー、これはまたー。という感じ。

サーガからの変更点として、即時を失い援護を得ました。
それと召喚と能力のコストアップ。
さらに地形変化の対象がレベル3以下というDS仕様。

サーガでは同じ立場に水属性のアーウィソウトルがいました。
サクヤと比べると、即時がない代わりにMHP50という価値のある地変能力付きクリーチャーです。
サクヤはMHP30で死にやすいけれど、即時があるのですぐに能力を使えた。ので、死にやすくてもとりあえず1回は活用できるだろう、という感じでした。
3DSでは援護付きです。
単純に、戦闘で死ににくくなりました。
というか、援護持ちのMHP30って一般戦力ですよ!?
いいんですかね、色々と。

問題となるのは、領地能力の対象です。
レベル3以下の自領地。
ということはつまりサクヤの役割は、連鎖を伸ばすこと、のみ。
レベル制限がないのなら、相手の高レベルを奪った後のフォロー、自分の高レベルに地形変化スペルを被弾した後のフォローに使えたのですがー。

大きな大きな問題として、地形変化スペルにはレベル制限が付いているのかどうか、という不確定な部分があります。
DS版ではレベル3以下にしか使えなくなって、色々となんやらかんやらありましたねぇー。
3DS版でも、ここにきて同じ文章が出てきてしまった事実はどう受け止めればいいのでしょうかぁー。

仮に。
地形変化スペルにレベル制限が無かった場合。
サーガで可能だった、自分の高レベルに地形変化スペルを被弾した後のフォローが出来ません。
そもそもDSでレベル制限が付いた理由が「地変による土壇場の安易な逆転」が云々とかだった気がします。
なのに地変スペルに制限が無かったとしたら、ここら辺の相違に違和感を覚えます。

サクヤの能力にレベル制限が付いている理由には、地形変化スペルと同じ条件にするという点以外が思い浮かばないよ!
もしも地変スペルに制限が無いのなら、サクヤにだけ制限を付ける理由が見当たらない。

まーいいんじゃないですかね。
3DS環境には、インフルエンスとクインテッセンスがきっとあると思いますし。
DS版で地変にレベル制限が付くのと、3DS版でレベル制限が付くのでは環境が大きく違うので、僕には不満はございません。
元々、出てきたものをそのまま受け入れるつもりでしたし。
というか別に、地変スペルの仕様が確定した訳でもありませんし。
どっちでもいいよ!

単純に自身の連鎖を増やしたいという目的だけでも3DSサクヤは有効です。
援護持ってるのも強いですし、余裕で使われまくることでしょう。
つーかレベル3以下とかじゃなくて、レベル1のみとかで良かった気がします。
でもDS版ではランキング戦で全土地レベル2スタートとかやってましたし、そこら辺を想定したら現在のテキストに落ち着くのが無難でしょうー。

さてー。
DS版では大人気だった地属性ランドトランスブック。
とても大人気でしたね、色々と。
今回サクヤが登場したことで、大人気っぷりがまた盛り上がっているだろうと想像しているのですがー。
とりあえず、ランドトランスは仕様です。
ランドトランスを否定してしまうのは、格闘ゲームでコンボを否定してしまうのと同じような事です。
総魔力を高めて勝利する過程に、土地の価値が上がってしまう仕様が含まれていますので受け入れましょう。

でも格ゲーはコンボ出来なくても普通に遊べるし、必殺技出したりしてれば楽しかったりしますよね!
投げキャラなんかは一瞬のチャンスにデッカイ単発の必殺技を決めて大逆転とか超楽しいですからね!
自由に生きましょう。
コンボゲーは見てるだけの時間が多くて詰まらない! とか申されましてもそういうゲームなのでしょうがない。
そういう人はそういうゲームに向いていません。
カルドセプトも同じです。カルドセプトはそういうゲームです。
地ントラ地ントラぐだぐだ文句言ってても仕方ねェからな。
対戦相手のあなた方が面白かろうが詰まらなかろうがどうでもいいですが、折角なのでランドトランスという仕様を楽しむ方が良いと思います。
実際ラントラ超楽しいです。
まぁそこら辺は個人差によりけり。
自由に生きましょう。


ついでにバード。
なんか巻物強打という割りとどうでもいい付加価値が乗ってきました。
3DS版は先制の価値が大きく上がっている感じがしますので、能力据え置きのままだと以前よりも活躍できるチャンスが減るのだと思います。
なので、別な活躍も出来るように、巻物強打というオマケが……。
とかそんな感じで私は想像しました。
そもそもバードは私の好みではないクリーチャーですので、色々どうでもいいのです。
サーガでも、サクヤはMHP低くてあまり好きじゃありませんでしたし!
MHP50のアーウィは4枚積めるけど、サクヤは2枚まで!
そういう好みの基準です。
土地を取れても、確保できないと意味が無いのです。
それと私はノーアイテムで守れるクリーチャーが好きなのです。


それとマジックブースト。
3DSからの新カード。
効果自体も、これまでのカルドセプトには無かった新しいものです。
魔力を得るのではなくて、違う方向で総魔力を高めるという新機軸!
ダイスによるギャンブル要素の高いカードですが、決まれば効果は大きいです。
ですが、妨害による阻止も割りと簡単にできてしまいそうなスペルですね。
使用するタイミングを選ばなければいけないので、シャッターやドレインマジックが効きやすい感じ。

あと、今のうちから言っておきますけど!
マジックブーストをブックに採用しておいて、ダイスを外して文句言っちゃったらマジでカッコ悪いですからね!
そういうスペルですので!
1さえ出なければいい場面で1が出るとか余裕で普通の事なのは当然ですよね!
運が良いとか悪いじゃなくて、そういうものです。
頑張ってホーリーワードとかで良い感じの位置に着地しましょう。

まぁカッコ悪いのは自覚しつつも文句言いたい時もあるわな。
自由に生きましょう。


今年の俺的キーワードです。
自由に生きろ!
posted by つし at 02:06| Comment(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

カルドセプトまで後一ヶ月

気が付いたら5月28日。
カルドセプトの発売日6月28日のちょうど一ヶ月前だったー! びっくり!
時間が経つのが早すぎてテンション下がりますね。
早く遊びたくはあるのだけれど、俺はカルドセプトを楽しめるのだろうか、という部分が不安。
まーそこら辺を気にしてても仕方あるまい。
そんな感じで全体的にやさぐれた勢いで色々書いていきましょう。

平日は毎日新しいカード情報が出てきています。
が、私は基本的にどうでもいい部分でワイワイさわぐのは嫌いというコミュ障野郎ですので基本的にスルーです。
お前散々ブログで新カードについてああだこうだ書いておいてその言い草はなんたる!!
はい。

どうでもいい部分でさわぐのが嫌い、という点に関しまして。
私は今のうちから宣言しておかなければいけません!
私はアイコンチャットを完全にスルーします!!
DS版からの続投というアイコンチャットですが、どんな意図でどんなアイコンを出されても、なんかアレなので、私はスルーします!!
DS版には、たしかミュート機能がありましたよね。素晴らしい配慮。

ダイスの出目で騒ぐのがキライなんですー。
高レベル踏んだというだけでアイコン出されてもイラっとするんです!
というか orz という文字列がとても嫌いなんです!
落ち込んでるアピールとか要らないんです!!
にっこりマークとか、より一層うざったいわ!
対戦相手の全ての感情表現を見たくありません!

というような非常にアレな性格をしている私なので、もう完全にアイコンをスルーします。
アイコンチャット自体を否定している訳じゃありません。楽しくカルドセプトを遊べるのなら、それに越したことなんて無いでしょう?
キャッキャウフフを楽しめるのなら存分に楽しむべきです。

いや本当にどうでもいい事にイラッとしますね、僕は! 確実に人生を損していますね!
カルド・セプ子とかすごくどうでもいい!
カルドセプ子さん自体は、カルドセプトを知らない人に対して丁寧に基本を教えてさしあげる素晴らしい存在です。
でもがっぽりがっぽり言ってるのがイラっとします!
ミノタウロスがなんたらかんたらとか定型文ばかり言ってるのと同じうざったさですね!
非公式なりきりツイッタアカウントの発言をリツイートする人とか、何を考えているんですかね!
好きにすればいいと思いますよ! ルールなんて無いのですから!
そして俺は今の段階から敵を作って何をしたいんですかね!


さておきー。
ここ一ヶ月くらいで新たに出てきたカードについての感想を書いていきましょう。
あくまでも感想。

レッドキャップ。
生贄追加、更に応援がST+20のみに。
サーガでのレッドキャップ応援はゴブリンのST&HP+20でした。
ボージェスと合わせて、ゴブリンのスペックがST40/HP70というとんでもないクリーチャーになっていたのですが、3DS版では大きく弱体化されました。
うーん、ゴブリンの維持が難しくなってしまいましたね。
せめてHPが+10でもされるのなら話は別だったのですがー。
生贄付きになってしまったのも辛いですが、普通に強い方のクリーチャーだと思います。
ゴブリン3体以上を維持できるかどうか。
それが相当難しそうですが、数字的には優秀なはずー。

ワンダーウォール。
すごくどうでもいい!
と初見では感じたのですが、歴戦の強豪プレイヤーの感想は格が違った。
「ワンダーウォールが収録されているという事は、ターンウォールがアツイ」
やばいね、もう。
目の付け所がスゲーや。
ヘタに無属性クリーチャーを置いていたら、ターンウォールでワンダーウォールに変化させられラクサスが雪辱してくるとか凄い発想。
実際のところがどうなるのかはまだ未確定ですが、とても夢のあるカードだと思いました、ワンダーウォール。

カトブレパス。
今までと大きく能力を変えてきました。
こういう調整は良いですね!
能力が場合によってはデメリットにもなってしまう、というバランスはゲームとして素晴らしい。
しかしクリーチャーとして、強いかどうかは別問題。
現段階では強いかどうかなんて分かりません。
ただ、MHP50あるのにレベルを上げづらいというのは大きなマイナス。
果たしてどうなるのかー。

ペリ。
どんなブックに入るんだよコレ。
領地コストが必要なクリーチャーは、もっと分かりやすく強くていいと思うんだけどなぁ。
リバイバルを使っても別に強くはないというのが難。
マスグロースを使っても戦闘には影響ありませんし。
どんなブックに入るんだろう。

ガン=ジィ。
折角の新カードだというのに、何一つ強そうな要素が見当たらないという。
シニリティは強いけど。シニリティなら強いのに。
まぁ。
高レベルは落とされるよね! 僕の!

マスターモンク。
私の愛したトルネードは居ない。
トルネードはあんなに強いというのに、なんなんすか、この差は!
マスターモンク、弱い事はないと思うし、中々使いやすいとは思うけどー。
安定しないのが難。
これじゃあレベル上げたくない。

カウンターシールド。
良いと思います。主に名前が。
これまで通り「カウンター」で通じるままにしたというのが素晴らしいです。
防具枠に存在する、カウンター・スパイクシールド・属性盾・プレートメイル。
それぞれがそれぞれに強くて使い道があるといのが良い。
今までだと道具枠のカウンターだけでオッケーだったからね!
同じ枠で特徴の違うものがいっぱいあるのは素敵です。

プロテウスリング。
マジでこのアイテムカードの存在なんて消えて無くなってしまえばいいと思います。
カード1枚消費して何も起きないという、カードゲームに根本から反逆するファッキンアイテム。
破壊と盗みの効果を受けないとか全く意味のない文章が追加されましたが、いっその事ランダム変化という効果はマイナス効果として扱って、生き残ったら元のクリーチャーが超強化されるとかしたら良かったと思います。

ライフスティーラー。
「グラディエーターが巻物を持てるようになった」という評価がドンピシャリ。
なるほどー! 新しい発想の良い武器だー!
こういう新概念には心躍りますね。

グリード。
HP-10が無くなって、ワンドローが付いてきた。
なにこれ。
強いとか弱いとか無い効果だけど、決まれば破壊力は高いんですよ!
今までのシリーズでも、ノーム系のクリーチャーに付けるのが好きでした。
3DSでも遊べそう。デメリット無くなりすぎて、う〜ん、という感じ。
レベル3量産したいね。

ファンタズム。
据え置き。
マスファンタズムが在るかどうか分からないけど、なんか強化してくれれば良かったのに。
強化するかどうかの基準がよく分からない!

ブラックスミス。
スクイーズとの区別が良い。
願わくはスクイーズも収録されていますように。
ティラニーあってもスカルプチャーが居て欲しい。
選択肢が複数あるというのは良い事なのでー。あくまでも僕的にはーですがー。
DS版ではアーマースミスで相手のアイテムを破壊しようとしたことが多々あった私なので、アイテムも対象になったことは良かったと思います。
ただ、ランダムな武器か防具に経かさせるという効果がいまいちシックリこない。
慣れればどうでもいい問題になるか。

ランドドレイン。
そもそも自分が得したい目的で入れるカードじゃないと思うのですがー、今回の変化でどうなるかー。
ドレインマジックとは使い方が全然違います。小銭貰えるペインです。
ペインと同じように、活躍できる場面はあるはずなので良い存在だと思いますよー。



こんなところですかね。
なんかもう一ヶ月後が全然楽しみじゃなくなってるんですけど、果たしてどうなってしまうのか。
posted by つし at 23:34| Comment(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

勝利だけを目指すという事と、リスクを負うという事

カルドセプトの新作発売が迫って来ました。
今回のカルドセプトは、新規プレイヤーの獲得に気合いが入っています。
公式でのキャンペーンや、初心者向け講座によって、新たなセプターがそれなりに多く誕生することでしょう。

そんなカルドセプトについて、常日頃から私が思っている事があります。

初心者や、これからカルドセプトを始めようとしている方々に対して。
「足スペルを持っているのに素ダイスを振って、高レベル土地を踏むのは勘弁してくれ」
という割りと何度も聞いたことのあるこの言葉。

これ、完全に間違ってます。
この考えを払拭しなければ上級者にはなれないのではないか、くらいに大きな内容だと思います。

基本的に!
全ての高額地を避けるのは無理です。
一つ二つの高額地を超えたとしても、別な高額地や次の周回が訪れます。
いずれ踏む、誰か踏む。通行料は発生するものです。
「足を引いてこなかったんだから仕方ないよね」という言い訳の為だけに、毎回足スペルを使うというのは勿体ない。

「足使えや」という言葉を私が嫌っているのは、足は強いのに避ける為だけに使うのは勿体ないーと思っているからです。
まぁ高額地を回避できるという行動だけで強いのですけれど!
でもそうじゃなくて!
通行料を回避して、前に進む事が勝利に近づくという訳じゃなくて、それ以外の行動にも勝つ為の意味があるのですよ。
それはむしろ自分が劣勢な状況に居るとき程、そういった場面があると思います。
なので劣勢なプレイヤーが、レベル5を前にしてもホーリーワードを温存して、その結果に通行料を支払って、それでゲームの決着が付いたとしてもー。
それに対して頭ごなしに文句言うのは、宜しくないのではないだろうか。
カルドセプトには不確定要素がいっぱいあります。
相手の使っているブックの中身は分かりません。
分かるのは使用者本人のみ。
高確率が外れることだってあります。
低確率を掴めば状況が一転するのなら、それを目指すのもいいじゃない。
他人から見れば何をしてるか理解できないことでも、その本人には見えている可能性があるのかもしれません。
それを「足使えや」という言葉のもとに可能性を潰してしまうのはよくないし、それに囚われていなければ別な使い道を見つけることも出来るのではないでしょうか。

全ての高額地を確実に避け続けるのは不可能。
たとえ自分が避け続けられても、別な人が踏むかもしれない。その逆も然り。
というのはカルドセプトの基本だと思います。

つまり何が言いたいのかー!
高レベルの土地を踏んで通行料を払ってしまうのは、別に悪いことじゃないのですよ!
「アイツが足使わなかったから負けた!」
「もっと足をブックに積んでおけよ!」
という言葉を気にしないで欲しい。私はそう思っています。


それじゃあ、高額地を無視してまでホーリーワードを温存する価値のある事って何があるの?
という話になってくる訳ですがー。
好きな様に使えばいいんですよ!
空き地を取りたい。手持ち魔力を調整して土地を手放したい。相手を自分の高額地に嵌める為に使う。
これらの事のはホーリーワードを使えば出来るかもしれない事であり、ホーリーワードを使わなくても出来るかもしれない事であり、そしてホーリーワードを温存したとしても絶対に出来るという訳ではないのです。
そんなことは、素のダイス次第でどっちにも転がるんですよ!
ダイスを恐れるな! 前に進め!
リスクを恐れるな! 勝利を目指せ!
貴方だけの目線の先に勝利が見えたのなら、大きなリスクが伴っていても其処に向かってみるのも良いじゃない。

勝利を得るには通行料を払えない、だからスペルで回避する。
勝利を得るには通行料を払えない、だけどスペルを温存する。

勝利だけを目指すのなら、それはどちらも同じ事。



というお話だったのですが、あくまでも僕個人の考え方ですので適当に受け取ったり受け流したりするがいいさ!!
posted by つし at 16:15| Comment(2) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

超速報、カルドセプト発売決定。

一度書いた文章が全て消えたので、同じネタをもう一度書く気力無しッ!

3DS版カルドセプト、発売日が決定しました。
6月28日です。早いです。
自分の中では早くても9月、本命は10月から11月とか考えていたので驚きの早さです。
てゆーかもうあと4ヶ月後とか怖い。

一度書いたものが消え去りましたのであっさりと書いて行きましょう。
むしろ消えた文章は長々と書きすぎてて分かりづらかった説もありますし、前向きに生きましょう。人生は長い。

今回でた情報の中で俺的目玉、バイタリティ。
全世界のデュエリスト待望のキャントリップ付きです。
初見での感想は「安い!」でした。
30Gですよ。
たったの30円でワンドローが付いてくるとか有りなのですか!?
サーガでのハッスルは40Gの復唱付きでST/HP+30でしたが、断然3DSバイタリティの方が使いたいですね。
むしろ比較対象になるべきはホープやギフトなのではないでしょうか?
ホープは40Gで2枚ドロー。
ギフトは50Gで100円得つつワンドロー。
まー、それぞれがそれぞれに目的が違ってくるのでアレですが。
ギフトと比べた場合、ギフトは50円得つつワンドロー。バイタリティは30円支払ってワンドロー。
つまりST/HP+20の効果には80円の価値が!! とか書いてしまうと全く魅力がなくなりますね。
バイタリティが微妙なのではなくて、ギフトが便利すぎるのです。
強いと思いますよ、3DSバイタリティ。
クリーチャーの展開を阻害せずに配置したクリを強化できるのがいい。なによりも安価というのが。
しかしィ。
呪いを頼りにしてブックを構成して強い訳がありません。
全部のクリーチャーに呪いを付けられないですし、アイテムはやっぱり必要。
だったら最初からバイタリティ要らない説。
という考えはまぁ出てきますわな。
でも30円で+20というのは安い。普通のクリーチャーカードでサイズが二回り大きかったらコストはもっと高くなるはずです。
呪いには上書きされやすいというデメリットがあるものの、この安さとワンドローは間違いなく魅力です。
余裕でブックに入る!

使いやすい効果のバイタリティがこのような性能になった事で、妨害・弱体系の呪いカードはどうなりますかね?
今までよりもあっさりと上書きされやすくなる、のかなぁ。
まぁ妨害系のカードはそれくらいのバランスでもいいと思いますがー。
バイタリティの対となるカードとしてST/HP-20という効果のディジーズがあります。
3DS版にもありますよ、ディジーズ。
テキストは判明していないけど、コストは判明しています、30G。
セカンドではバイタリティもディジーズもコスト40Gでした。
3DSではどちらも30Gです。
かたやバイタリティにはワンドローという大きな付加価値が。
ディジーズには、果たして?
バイタリと同じでワンドローだと、色々と大変な気がしますので、無かったらいいなぁとか考えてます。
付加価値無しでもいいくらい。
もしくは50円ペインとか、50円ドレマジとか、10点マジックボルトとか。そういうの希望。
ワンドローの対として、ワンディスカードとかになったらもう絶望以外の何物でもねェー。処理が面倒っぽいので無いと思いますけど。

次、テング。
サーガからの変更点としましては、
コストが110Gから70G+風に。
STが40から20に減少。
それと何気にレアリティがSからRに。
サーガでは嫌われがちだったテングさんですが、対戦で見かける事は稀でした。
トレードがあった影響ですかね。
トレードがおそらく存在しない3DS版で、テングは輝くことができるのでしょうか。
えー、相変わらず空気気味と予想します。
ST下がって、領地コスト付いたことで、巻物持って飛んで行くだけの存在になってしまいましたね、多分。
テングがこうなってしまった以上は、地変スペルの効果はレベル5にも撃てないとあまりにも残念なのですがー。
あと個人的に期待していた「地変スペルは自分の領地にしか撃てない」という調整の可能性が殆どなくなりましたね。残念。
まぁ地変は今まで通りという方向でいい気がします。
というか未だに地変の情報を出していないというのは、情報だしちゃうと「これ直してよー!」と言われそうだから発売直前まで情報出さないんじゃないか、というのが僕の中にあります。邪推です。
3ヶ月前に情報だしたら発売までに調整しろと言われるけど、1ヶ月前に出せば調整する時間残ってないからこのまま通せる! という。
つーか地変なんて真っ先に調整するべき項目ですので、プレイヤー側の意見であっさりと変更されては堪ったものではございませんよ!
出てきたものを受け入れましょう。

邪推にも程があった!
多分もうすぐ地変の情報もでてくると思いますよ!
みんなが気になってる部分ですし!
話が反れましたがテング。
サーガでのテングは、領地確保に使えたのですよ。
先制のST40は強いですし、相手がばらまいたレベル1風土地を取りにいけましたからね。
ST20じゃレベル1も落とせないからアイテム必須、そもそも領地コストがネックすぎる。
スペック的にテングは強くないので、領地コスト有りの枠にはそれ以外のカードを入れるでしょう。
んで、たまにテングをメインにフィーチャーしたブックが出てくるとか、そんな程度と予想です。
間違いなく弱い。
でも高レベルをピンポイントで落としにいけるので、決まればいけるぜ! という。


それと前から情報の出ていたアプサラスとウロボロスですが、今回の映像では能力に変更がありました。
アプサラスは道具使用不可に、ウロボロスは生贄追加とST20に、かな。
細かい調整ですが、使い勝手は大きく変わってきます。
この短期間でしっかりと調整しているのが伝わってきて良い感じです。
ただ、ウロボロスはもともとのデメリット大きいし、生贄まであるのは使いづらすぎるんじゃないかなぁぁぁ。
アプサラスの道具不可は良いと思います。
他クリーチャーとの差別化バンザイ。
アプサラスが強いかどうか、様々な意見があるっぽいですが、僕は強いと思います。
無効化ですよ、無効化。
完全無効化を持ったクリーチャーがMHP40とか強ーい。
レベル3に上げる前に倒される、という意見に関しましては、レベル1が落ちたところで大勢には影響がないと考えます。
全ての土地を守るなんて不可能さ。
コストも並ですしね。絶対強いわ、こんなもん。


あとは僕が個人的に好きなグレンデルさんはコストが微妙に軽くなった程度で相変わらず。
まーこれ以上の変更はむずかろうー。

そんな感じで!!
新しいカルドセプトまであと4ヶ月!
早い!
そして3DSが発売後も、僕達私達はカルドセプトサーガで遊びます!
なので、サーガを買うかどうか迷ってる人がいましたら、今からでもオススメできますよ。
対戦の配信とかやりたいね、いずれね!
posted by つし at 20:03| Comment(2) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする