2014年07月26日

HearthStoneが駄目なところ百選

ハースストーンなるTCGが最近人気です。
私も今年から初めてかなり遊んでおります。
前置きが面倒臭いのでさっさと本題に入りま候。

ハースストーンはとても良くできているコンピュータゲームです。
多くの人が入りやすく理解しやすく楽しみやすい。
そういった意味でとても素晴らしいゲームなのは間違いありません。
しかしゲームの内容が駄目です、楽しめません。
何が駄目かというと、何度か書いてきましたがカードゲームになっていない事が多い。
カードのやり取りで勝敗を競う、と見せかけて持っている選択肢の何を選ぼうが勝敗に関係ないことが非常に多いと感じます。
ジャンケンというよりも坊主めくり、上手いとか下手とかが無い。
しかし。
僕は小学生時代、坊主めくりを遊ぶことがありましたがとても面白かった!
あとトランプで「戦争」と呼んでた遊びがあって、山札をシャッフルして上から捲っていって数字が大きいほうが勝ちというゲームがすごく好きだった記憶があります。
つまりただ単に好みの問題です。
僕はハースストーンがマジでくだらない坊主めくりだと思っていますけれど、それを認識してても楽しめる人もいるでしょうし、そもそも坊主めくりとは思っていない人も居ることでしょう。

ぶっちゃけ申しましてハースストーンに上手いも下手も無いです。
そう言い切れる理由としては、カードが持つ力というかバリューというのですかね?
アドバンテージを取れるカードのアドバンテージっぷりが超顕著。
あとは1点という数字を争っているのに、ランダムに飛んで行くダメージがどこに着地するかで状況が一変しすぎ。
些細な幸運がゲームを決めるレベルなことが多すぎる。
そういうゲームだというのは理解しているのに、その度に物凄いイラッとするのが本当に嫌になります。

駆け引きが成り立っていない事が多すぎるのです。
メイジ相手で、向こうの手札にフレイムストライクが有るのが仮に分かっていたとしても、それでどうにか出来る事が殆ど無い。
フレイムストライクが有っても大丈夫な時と、有ったら敗北という二択に選択の余地は無い。
「それを持たれていたらもうどうしようもないじゃないですか」というカードが多いのもムカつきますね。
Big Game HunterもBlood Knightも警戒のしようがない。

というようなことが多すぎて僕はアリーナを楽しめなくなりました。
でも構築戦やってても得るものがないので、パックが貰えるアリーナをやることが相変わらず多いのですがー。
そして構築戦でも選択肢の無さは変わりません。
有無を言わせない展開が多いのも変わらず。
そういうゲームなので諦めるしか無い。

構築戦はデッキの調整をしている時は楽しめます。
所持しているカードの中でより良いデッキを作ろうという点は間違いなくカードゲームです。
対戦を重ねてデッキを調整している時は本当に健全なカードゲームだと思います。
しかしランクを上げようと勝敗を意識してしまうと途端にイラッとするゲームに戻ってしまいますね。
どんなことでも向上心を持てなければ楽しむことは難しい。


色々さておき。
折角なのでハースストーンの駄目なところを連ねていきます。

武器という存在が駄目。
相手が武器を破壊できるカードを手札に持っていなければ、それだけでもう多大なるカードアドバンテージ。
引けるカードの少ないハースストーンにおいて、あんなに簡単にカードアドバンテージとテンポまでもアドバンテージを得られるのは異常です。

ハンターのビースト。
言うまでもなく。おみくじ要素満載。

シークレット。
シークレットを掻い潜る方法が無いのでどうやって発動させるかしかなく、また手札に選択肢がなかったらもうどうしようもない。これもまたおみくじ。

Fire Elementalは頭おかしい。

メイジのヒーローパワーは対象を敵だけにすべき。

emoteをデフォでミュートにしておく設定がない。
良いゲームでしたね、GG! なんていう展開は滅多にないのでただの挨拶か煽りかという二択になっているのでemoteは必要無いです。

長考。
こんなゲームに長考してはいけません。
ただし場合による。


なんか言うほど文句言える箇所が少なくて悔しいのですが、ハースストーンのだめなところは選択肢の無さに収束します。
根本のゲームデザインなので諦めているのですけれどカードを捨てさせる効果が存在しないのが問題です。
温存という行動にもリスクを与えていきたい。
現状のハースストンは各自好き勝手にやりなさい、という調整なのでそれが気に入らないと楽しめないのだと思います。
相手への干渉の無さは快適さに繋がるのかストレスになるのか。
それは人それぞれで違うはずで、干渉手段が有ったとしてもそれはそれでストレスになります。

なんかこんな事ばかり考えていると、なんで俺はこのゲームをやっているのか、というのを飛び越えて何で俺は生きているのだろうか、とか考えてしまいます。

ゲームとしての出来は本当に素晴らしいのでオススメですよ!!!!!
といったところでどうなんだ、もう。もう。
posted by つし at 22:47| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: