2009年10月03日

雪歩と伊織

来た来た来たよォ! 第一金曜日!
毎月第一金曜日はカマトロPの日!





カマトロPの投稿がこんなに遅い時間になる事は無かったので、もしかして今日は来ないのかなーとか思っちゃったぜ!
でも来てくれて良かった!
カマトロPのマイリストを再読み込みしまくった甲斐があったってもんだぜ。

今回の主役は萩原雪歩さん。
カマトロPの書く雪歩は髪型が決まっててカッコいいね!
それと今回は伊織も目立っててホクホクしました。
雪歩と伊織の組み合わせはいいねぇ。
最近とても気に入ってる組み合わせです。
このコンビの特徴は何だろう?
伊織は気性が激しくてワガママな感じ。
雪歩は引っ込み思案で大人しい感じ。
性格的には割と逆方面にいる二人です。
ですが『アイドル』としてのイメージだと、可憐さとか上品さといった穏やかなイメージが引き立つ組み合わせになりますね。

ちょっと気になったので軽くタグ検索で調べて見ましたが、伊織と雪歩のデュオはあまり無いっぽいですね。

onoP


ナオキP


可愛いデュオと、綺麗なデュオ。
やっぱりイメージ的にはこういう方向ですね。
ナオキP制作のものに、伊織・雪歩のデュオ作品が結構あるようなので今度見ておこう。

結局のところ、伊織と雪歩のコンビには何があるんだ?
と考えたところの私の解は!

伊織の凛々しさで、雪歩の内に秘めた強さが引っ張られる。
というのが魅力かなー、と思った。
この「引っ張る」というのは、『やよいおり』での伊織に対するやよいのスタンスに似てるかもしれない。
不思議なもんだ。
しかし、良い。


何か自分一人だけで納得しちゃったよ!!
しかもカマトロPの事すっかり忘れてた!!!

今回の動画では、逃げる雪歩を追う伊織&Pという構図でした。
伊織さんの優しさに胸を打たれるぜぇ!!
なんというか、伊織のストレートな言葉がとても良いのです。
こういう伊織がほんと大好きだ。
こういう伊織ばかりを見ているので、僕の中での伊織のイメージには『ツンデレ』という要素がとても希薄な存在になっています。
ツンデレキャラだからこそ、こういう言葉が良いものに感じるんだろうか?
うーん? あまりそこら辺は意識してないんだよなーーー。

カマトロPの動画では、Pとの関係も良いですね。
二人で一緒に怒鳴る姿が良いです。
仲良きことは美しきことだ。
伊織とPとの関係性が好きなので、僕は「伊織は俺の嫁!」じゃなくて「俺は伊織のプロデューサーだ!」と言いたいのです。見る専ですけど。

はい。
今回は雪歩が主役だったのに伊織の事ばっかりだな俺はァ!!
ごめんなさいね! 雪歩も可愛くてとても良かったですよ!!
雪歩は強いんだ!
それを、俺も伊織もPも信じているのです!
いい話のまま終わったっていいじゃないか!
雪歩と伊織のストーリーは、いい話で終わっていいんだッ!

来月もカマトロPには超期待だぜェ!!!




雪歩と伊織が主役ってことでコチラも。



爽快Pの架空戦記ノベマス。
原作のラヂオの時間を知らないので、先の展開にワクテカしながら見ております。
立ち絵とドット絵の動きが楽しいです。
非常に分かりやすくていいよね!
今回の話でも、スタジオに人の出入りが慌ただしいところを、ドットキャラがそのまんま出入りしてくれる事によりとてもシンプルに理解出来ました。

物語も動いてきて楽しくなってきましたよ!
間違いなくメチャクチャになるという不穏な空気が堪らない。
色々と取り繕うけど、最終的にどんがらがるのは伊織さんの基本ですね!!!

あとは真美頑張りすぎ!
頑張ってる真美を見て不安になるのは珍しい感覚だ!
というか、にぎりがくさいP頑張りすぎ!

さぁ、この物語の雪歩と伊織は上手くいくのでしょうか?
普通の物語なら、上手くいくよ!だって私達みんな仲間だもん略!
と言えるのですが、元となった作品がある以上は全く想像できないぜ!!
posted by つし at 00:20| Comment(0) | ニコマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。