2009年09月26日

感想の書き方

読書感想文が苦手でした。
『感想』って何を書けばいいのかが解らなかったから。
「思った事をそのまま書けばいい」
それでいいんだろうか?
そうしようとしたら、あらすじをそのまま書き連ねるだけになってしまうんです。
「ここがこうだったから、こう思った」
こうとしか書けなかったのです。

僕の読書感想文は、物語の展開を書き連ねて最後の最後に「僕は○○だと思いました。」
というのを毎年やってた気がします。


さておき。
現在の僕も、当時と同じ事で悩んでいます。
感想の述べ方が分からない。
ニコマスについての日記を書く事がありますが、何て感想を述べればいいのか分からない。
凄いものを、凄い。
可愛いものを、可愛い。
良かったものを、良かった。
としか書けないのです。
思った事をそのまま書けばいい、と考えても、僕の語彙の乏しさが大貧民レベルなのでどうにもならん!

特に厳しいのがニコマスPV系MADですよ。
最早、技術のレベルが上がりすぎて、どれもこれもがスゲェじゃないですか。
「なにが凄い、これが凄い」
それは多くの作品に同じ事が言えるじゃないですかぁ!
だから、その作品に対する感想として相応しくないと思うのですよ!
だから、PV系の作品を日記に貼ってその事について何か書く、というのがめっきり無くなりました。

それでもやっぱり、スゴイと思ったものは日記で感想を述べたいと思うのですよ。
だってそれはスゴイのですから!
それじゃあ、そのスゴイというのをどうやって述べたらいいだろうか。

Answer.
凄くスゴイものには『!』マークをいっぱい付ける。

私は、今までそうやって、ニコマス感想を、書いてきまし、た…。
ニコマス感想を書いてる方々のブログを見ては毎回しょんぼりしているのが私ですよ!!!
皆さん本当にスゴイよね!!!!



そんな感じで。
今日の朝起きて、ニコマスをチェックしたらPVMADがとんでもなかったので日記に紹介せざるを得なかった。



カブキンPはすげーなー。
暗い空間で光に照らされて踊る春香さんが美しすぎる。
I Want のダンスってこんなにカッコいいものだったのか!
ビシッと決まる動きがカッコいいわ。

『閣下』と呼ばれるキャラクターは半目が特徴。通常のダンスでの表情は閣下には合わない。
と、仰る方がいるかもしれません。
しかし私なんかに言わせれば春香さんの笑顔にこそゾクっとくるものなんですよ!

このカブキンPのPVでは、最初の内はカメラが引きでステージ全体を映していて、合間合間に短く顔にアップしています。
それが終盤には、顔のアップが続くのです。
ここでの表情にゾクッと来るのですよ!!!!
ヤバイです!
春香さん御美しいです!!!






RidgerPはすげーなぁぁぁぁ。
すごいからスゴイ! ってエクスクラメーションマークを付けれない雰囲気ですよ。
なんですか、コレは。
なんなんですか! コレはァ!
こういうのこそが感想書き述べられないのですよ!

すごいよねぇ、本当に。
このメドレーは、メインの春香さんと、そのバックで踊るキャラクターの動きがとてもスゴイですね。
バックのキャラがとてもよく動いているのが好き。
メインの春香さんを引き立てているんだけど、決して引き立て役ではない。
その事が作品全体の格調を高めている、…感じ?

亡國覚醒カタルシスでは自然と口が開いてしまいますね。
すごいとしか言えないーよぉーーー。
そこからのエンドロールがまたカッコいい。

メドレーのそれぞれの曲では、2曲目の『好きなのに!』でのラフタイムスクール+尻尾がとても可愛かった。
盲点だった、ここまで可愛いとは!
でも、この組み合わせ自体は見た事あるはずなんだよなー。
あれかな、やっぱ色の組み合わせかな?

このメドレーで一番好きなのは6曲目の『赤と黒』
曲と映像の一体感が凄まじい。
バックダンサーの存在がメチャクチャいい!
弦の音とバックの動きがね、すごくね、合っていると思うのですよ。
ピシっと動きを止めたあとの存在感も大きいですしね。


もうこれくらいしか述べられねーよ俺!
あとは「スゴイ」と30回くらい書き連ねておけば感想は完璧だな。






G様Pはすげーよなー。
有能なプロデューサーであり、スタイリストである。
そんな感じですよ。
細かいこと抜きにPVに使われるカットが可愛い。

このPVで一番キタのが曲の間奏。
スポットライトに照らされて踊る美希が、とても、良い。
深紅のドレスが映えるんですよコレ!
その美希を中心に広がる世界、というのがまた美しい。
うむ、すごい。





あと凄くどうでもいい事なのですが、I Wantもアリプロも深紅も、今週田中君と行ったカラオケで歌った曲でした。

うん、だからどうしたと聞かれれば、なんでもないのですが!!!

カラオケ行きたい!!
posted by つし at 11:00| Comment(2) | ニコマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。スパイキーと申します。
某所でこちらの記事がピックアップされていて、タイトルに引かれてお邪魔しました。

私も以前からほそぼそとですが、1年ほど見る専としてブログに感想を書いていたのですが、まさに同じような気持ちになりました!

「シンクロが良い!」「映像が美しい!」「雰囲気が出てる!」
いまだに・・・いや、むしろ最近、こういったのを使ってばかりな気がしてました。
そしてこの度、つしさんの感想をさかのぼっていくつか読ませていただいて、すごくいいなぁと思いました。私は人の感想を読むのも大好物なのですが、技術うんぬんよりも紹介する人が楽しそうなのが、一番好きです。
それを見ると、そんなにいいのかっとこちらもテンションがあがるし、見たい気持ちになるからです。
あ、自分もこういう記事書いていこうと思いました。
私もどうしても書くことがマンネリすると技術がどうとか言いたくなるのですが、こちらにお邪魔させていただいて、自分も楽しい感想を書くべきだと再認識させていただきました。

ひたすら長いコメントですみません。非常に興味深かったのと、感じることがあったため、お礼をと思いまして。

非常に興味深い記事を ありがとうございました
Posted by スパイキーP at 2009年09月29日 00:31
はじめまして、コメントありがとうございますーー!
何だかもう色々と恐縮です…!

自分が日記に感想を書くパターンは、
良かったものを見てテンションが上がる。
→ので、感想を書きたくなる。
という感じなので、動画を見たままの勢いで感想を書く事が多いです。
だから楽しそうに感じるのかもしれません。
そうなれば良いなぁと思って感想を書いていたので、そう感じて頂けたのならとても嬉しいです!

逆に、そういう感想しか書けない事の言い訳を、この時の日記に書いたので、色々な反応を頂いたりして何だかもう本当に複雑な気持ちですよォ!w
そんな日記だったのですが、そこから何かを得られたのならばそれに勝る喜びは御座いません。
こちらこそありがとうございましたッ!!
Posted by つし at 2009年09月29日 01:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: