2013年09月13日

9/9 バースデーライブ

2013ねん! くがつここのか! しぶやくらぶくあとろ!
TAKUYA Birthday Live 2013“Goddess of Discord NO.99”

行ってきました、楽しかった素晴らしかったです。
9月9日のTAKUYAさんバースデーに参加できたのはこれで6回目。
2006年、下北沢CLUB251
http://17live.seesaa.net/article/23813772.html
2007年、渋谷CHELSEA HOTEL
http://17live.seesaa.net/article/54764804.html
2008年、表参道FAB
http://17live.seesaa.net/article/106372205.html
2009年、渋谷DUO
http://17live.seesaa.net/article/127767320.html
2010年、恵比寿LIQUIDROOM
不覚にも不参加。
2011年、赤坂BLITZ
参加したのに日記書いてなかった。

普段は全く有り難みのないマイブログですが、ふとした時に日記が残っている事があるというのは良かったなぁと思いますね。
しかしそれだけに2011年の日記を書いていなかったというのが駄目すぎますね。
2011年のハイライトは、ロンドンで生活していたSHOGOさんが久しぶりにステージ上に! 立ったのだけれどそのステージはアメリカザリガニとのコントだった、というところだったと思います。すごく面白かった。
んで。
去年、2012年はバースデーライブ無し。
でも今年はバースデーライブ有り! だけど例年の様なパーティーではなくて対バン形式ですよ、と。
2006年のCLUB251と同じ感じでしたね。

それでは2013年、渋谷CLUB QUATTROに行ってきたぜ日記!
NCM_0018.JPG

ちなみに今回のlive、詳細なレポートが写真付きで載ってて超オススメです。
http://www.barks.jp/news/?id=1000094280

オープニングアクト、おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!
なんかもうスゲー新鮮。
TAKUYAさんのバースデーライブに、ここまで華やかなガールが登場しているという現実によく分からない汗をかきました。
2007年のチェルシーホテルに当時18歳の高橋瞳さんがやってきたときも「あらかわいい」と強く思いましたが、おはガールは朝のオーラが半端なかったですね!
可愛らしいわ頑張っているわ楽しそうだわで素晴らしかったです。
1曲目で来ていた衣装を剥ぎとって、2曲目にはTシャツ姿で跳ねまわってらっしゃいました。
https://twitter.com/takuya54it/status/377012019376832513
リーダーの子がとてもスラっとしててとても可愛らしかったです。

続いて椎名慶治さんのバンド。
椎名さんの歌は、過去のバースデーライブで何度も聴く機会があって、その度に格好良いと感じていたので今回のバンドも楽しみでした。
そして実際超格好良い。
超格好良いというのに、椎名さんは喋りが達者すぎて、MC中は完全にオッサンでした! 格好良い。
RABBIT-MANが本当にカッコイイ、そして乗りやすくて超楽しかった。

ギルガメッシュ。
知ってる曲も殆ど無く、どういった方々なのか、という前情報が全然無しだったのですが超楽しめた!
というかですね、申し訳ないのですけれど、ほんの1時間程度前にはおはガールがぴょんぴょん跳ねていたのと同じステージでヴィジュアル系の方々がズドンズドン音楽をやっているという空間が面白くて仕方が無かった!!
それと私、9年前くらいに月1〜2回ペースでライブハウスに行ってた時期がありまして、その時にはヴィジュアル系な方々を頻繁に見かける事が多かったのですよ。
今回のギルガメッシュさんのライブで、頭をギュンギュン振り回している方々を見てたら9年前の感じが蘇ってきて無性にテンションが上がってしまいました。
いやーーー、もーーーー、超楽しい。
そしてギルガメッシュ、素晴らしい。
直前の曲で「死にさらせ」とか叫んでいたのにMCから溢れてくる凄まじい礼儀正しさですよ。
なんかもう一発で好感を持ちました。すげーいい人っぽい。

このギルガメッシュでテンションが上がった私はそれまでに居た場所から動く事にしました。
男女比が5:5に近くて、年齢層が高めという事もあって、僕の身長は周りから頭一つくらい浮いているのですよ。
昔は可能な限り前に行きたいという気持ちで動いていたのですが、ここ最近は後ろの人に迷惑掛からない様にしたいという気持ちの方が大きくなっていました。
なのでこの日も後ろに観客がいない位置に居たのですが、テンションが上がったのでもっといい位置に移動しようと思いました。
ほぼセンターに移動したのですが、これが凄まじく大失敗。
めちゃくちゃ楽しかったテンションが一気にガタ落ちして、思い出すだけでイラっとするので正直日記に残したくないね!

TAKUYA and the Cloud Collectors登場、演奏スタート。
演奏中、僕の前方に居た人が前に歩き、後ろに下がりを延々繰り返す。
意味が分からなかった、一生歩きっぱなし。1メートル半くらいのスペースを行って戻っての繰り返し。
背の低い方々だったので、自分の前に空間が無いとステージを見られない。というのは理解できるのですよ。
でもだからって、その自分の為に空けているスペースで暴れまわるのはどうなんですか。
何が最悪かと言うと、後ろに居る僕に接触してくるまで下がり続けてくるのが最悪だった。
意味が分からない。
俺はその度にちょっとずつ後ろに下がっているのに、それでも接触してくるまで下がってくるのがムカついてムカついてしょうがなかった。人間一人分くらい後ろ下がったんだぞ、俺。
いっそ肩叩いて「勘弁してください」とでも言おうかと思ったのですが、折角の素晴らしい日にこういう苦情はこっちも向こうも嫌だろうと結局俺が場所移動。
というか本当にさっさと退散すればよかった。
3曲目の途中くらいで移動したのですが、それまで全然ステージに集中できなかった。

もおおおおおおおお!!! 本当に最悪だった!!!!!
こんな余計な事で良き日を汚したくないです。
ギルガメッシュでバンドギャルの方々がモッシュしてるのとかを見てテンション上がったんすかねぇ、あちらも。
つーかせめて、周りを気にして楽しんでください……。

分かってるんですよ!!!
ライブハウスで! 楽しいライブでそんな事を気にしても仕方ないんですよ!!!
今回俺は近隣の客にストレスを感じましたが、そんな俺の動きや存在だけでもどれだけ他人にストレスを与えているのかという話ですよ!!
特に僕はテンションの上がりやすい人間です。
キルミーリルビーでは誰よりも高く飛び跳ねたいとするニンゲンだ。
俺が存在するだけでどれだけのファッキンジャップが生まれるのか。
あああ、もう色々と仕方がないんだよおもおお。
ただ今回に関しては、すげー楽しかった気分が完全に反転してしまったのが只管に残念だった。

しかしZEROやローリングサンディローリングサムを聴いていたらテンション復帰。
そしてメイクサムノイズ。
make same noiseが曲のタイトルなのかどうかは分からないけれども!
今年の5月5日にあったliveで初めて聴いた曲です。この時はUST配信で見ていたのですが一発で好きになった曲で、生で聴ける、生で声を出したいと強く思い続けていました。
いやー、もおー、ちょおーう、すごく良かったね!
この曲本当に大好きやで!
平和だし楽しいし格好良い気持ちいい。
ROBOTSのBIG APPLEと同じ系統でスーパー平和な音楽、love。


このあとはセッションタイム。
2曲目にはSHOGOさんもステージに来てくれてすごい嬉しかったね!
僕の中ではバースデーライブの定番です。
そして佐久間正英さんとのセッション。
TAKUYAさんと佐久間さん二人の演奏だと思っていたのですが、予定外のスペッシャル。
ドラムに公太さん、ベースに恩ちゃん登場!
なんか、もう、すごいね。
TAKUYAさん、公太さん、恩ちゃんという3人が揃ったのは2009年のバースデーライブにもありました。
その時にすげー興奮してた影響か、今回の集合には割りと平静だったのですが、すごく特別なセッションだなぁーーーーというのを強く感じました。
演奏したのはROBOTSのイロトリドリノセカイ。
ヤバかった。
イロトリドリノセカイ、後奏から佐久間さんの演奏が凄まじかった。
ステージに佐久間さんが登場して最初は「やっぱり佐久間さんの体調が良いという事はないよなぁぁぁ」とか僕は思っていたのですが、佐久間さんの演奏がすっげぇ。
めちゃくちゃ力強かった。
完全に佐久間さんから目が離せなくなって、うるっときた。


今回のバースデーライブ。
直前までは行くつもりは無かったのですが、行って良かった。
色々あったけど、最終的にはすごく良い日になりました。
セッションの感想は、うまく伝えられないです。
あの映像があるのなら、いつか後悔されたりしたら凄くいいなぁ、と思います。
あとはもっともっとこれからの佐久間さんの音楽が聴きたいと思った!
本当にもう今さらながらに、なのですがぁ。あの人、すげーや。
posted by つし at 00:32| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

モンスターハンター4初日感想

MH4、買った、やった。
出来は良いと思います。グラフィックなんかもLLじゃない3DSでやっている分にはすごい綺麗に見える。
しかしつくづく思うのですけれど、こんなゲーム携帯ゲーム機でやるような内容じゃねぇよぉ。
凄く指が疲れた。主にカメラ切り替えの為のLボタン押すのに疲れた。
スライドパッドを使えば改善されるとして、どの程度楽になるものか。

とりあえず前提として、僕のプレイしたモンスターハンターシリーズは、
dosまでとMHFの初期らへん。
携帯ハードではP2Gのみ。
PSPでやった時も最初はえらい操作がしんどかった気がします。
しっかし今回のMH4、高低差が大きくフィーチャーされているため、カメラの操作が超大変。
上見つつ、下も見なければ。
あといつからなのかは分かりませんが、僕のプレイしたことのあるモンハンではカメラの高さ切り替えは4段階くらいで、ちょこんで方向キーを押すだけでカメラが大きくかわっていたのですが、MH4は自由にカメラが動かせるので逆にすごく大変。
慣れればまた違うか。
あとは出てくるデカイモンスターが尽く動きまわるものばかりで、すごい勢いで後ろ回られたりしてえらいストレス貯まる。
特に蜘蛛、ネルスキュラとかなんとか。
俺の左手人差し指はアイツにやられてしまった。

操作での不満点は幾らでもありますね。
X+Aボタンの同時押しがめちゃくちゃ難しい。
ランス使ってて、敵が転んだチャンスだ突進で追撃だーーー、ってやりたいのに、天空に向かって力強く槍を掲げるという場面が死ぬ程多い。
ボタン同時押しの成功率は50%切っています。
これもまぁ慣れでなんとかなる、のか?
あと咄嗟にガード出来なくてつらい。
モンハンは敵の攻撃を避けるのが気持ちいいのですが、分かってるのにガードの操作に失敗して吹っ飛ばされると物凄い勢いでストレスがマッハです。

不満点ばかり書いてますが、内容自体には問題が無いと思ってます。
一人で遊んでいても楽しめるように、という優しさが至る所に感じられます。
というかMHFが何年経っても戦闘に持っていけるアイテムの数が変わらないのに、MH4はすごいいっぱいアイテム持てて感動する。
有難い、素晴らしい。
オトモも2匹まで連れて行けて、更にその2匹の合体攻撃が有難いし素晴らしい。
その他、モンスターハンターシリーズ共通の、クエストをこなして装備を充実させていく楽しみは変わらずですし。

MH3以降を殆ど知らないため、今回の新作ではどこからどこまでが新要素なのか、とかも全然分かっていません。
各武器でも新しい動きが山程増えてるし、色々と新鮮に楽しめているのも良いですね。
しかし敵への対応が大変だ。
まぁ死んで覚えよう。

そんな感じです。
拡張スライドパッドとかじゃなくて、USB指してパッドで遊べる様になったら神ゲームですね!
しかし下画面は色々とカスタマイズ出来て中々良い感じだと思っているのですが、いやしかし。
posted by つし at 01:26| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

続・モンハン4日記

村は☆5まで、オンラインではHR3のクエスト幾つかまでやった。
基本的にソロで四苦八苦しながらモンスターと戦うのが嫌いな人間なのでマルチプレイメインでいくぜー。
とか考えてたら一緒に遊ぶ相手が居なかった。
買ってる人は周りに多いのだけれど、中々ペースを合わせづらい。
ここら辺は携帯ゲーム機の限界か。xboxliveやらのシステムが優秀すぎた。

そんな訳で野良で集会所に入ったり出たりしてました。
MH4のマルチプレイ、普通に遊ぶ分には問題ないっぽいけれど、なかなか小回りが効かないので大変。
というかハンターランクを上げるシステムがunkoすぎる。
キークエストをこなして、緊急クエをクリアすればランクアップ。
キークエをこなすのは簡単だけれど、緊急は各々で受けなければいけない、というのは過去のシリーズそのままなんですけれどもぉー。
MH4は色々な点で過去作から改善されている部分が多くて、様々なところが快適になっているのだから緊急クエストも変えてしまえばいいねん。

マルチプレイは出入りは頻繁すぎて大変。
それぞれのプレイヤーがやりたいものが違って、コミュニケーションをとるのも大変で。
そして自分の好き勝手に我儘を貫く人も多い。
新しい入室者が入って早々に「ティガレックスをやりたい」といい、別な人が別なクエストを貼ったのでそれをやり。
そのクエストが終わって、またティガやりたいとアピールしたので、僕は「ok」といったものの、さっきの人がまた違うクエストを貼り。そしてそのまま緊急クエストまで。
なんという唯我独尊。
結局ティガをやるまえにやりたがっていた人は居なくなってしまいました。クエスト中だったので回線落ちっぽかったですが。

いやもう本当に色々な人がいらっしゃる。
発売したての現在では色々と慌ただしいけれど、ランクを上げきったプレイヤーが増えてきたらまた落ち着いてマルチプレイを楽しめるのではないかなぁ、とは思います。
しかし野良しんどい。
でも早く上位のクエスト受けたい。

とりあえずモンハンのソロはしんどい。
武器も弱いし防具も弱い状態のソロはしんどい。
さらに初見のモンスターばかりで分からん攻撃食らいまくりでしんどい。
知ってるモンスターも、なんか全く違う存在になっててくそうざったい。というかリオレウス。
ファッキンリオレウス!
なんだよアレ、低空浮遊とか遂に飛竜の地位を捨てて昆虫に成り下がったか。
すごい勢いで後ろに回られて、視界外から炎ブレス撃ってくるのが超むかつきますね。
相変わらず視点移動がしんどいです。
上下も前後も動かしまくらないとなのでしんどい。

あとは探索。
探索で発掘武器を探したりしました。
何度もクエストを回したりして色々面倒だったけれど、普通に生産するよりも強い武器を手に入れられるのが魅力です。
しかし。
いい武器が出なかった場合にはセーブせずにゲームを終了してロードしなおさないといけないのがとても面倒!
結局はそれなりの性能で妥協しました。
緑ゲージが長めで攻撃力が多少高い程度のガンランス。なのだけれど生産や強化で作れるのより2段階強かった。
そのくらいのが簡単に作れるのが良い。しかし拘り過ぎると身を滅ぼす。

探索は途中に出てくるデカイモンスター倒すとどうなるんだろうなぁ。とか気になったので戦ったりしてみましたが、時間掛けた挙句に逃げられて私の怒りは有頂天。
何なんだよこの仕様。つくづくソロには厳しい世界か。
posted by つし at 00:43| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

MH4、上位へ。それとオンライン色々

昨日にようやく友達とマルチプレイできました。
スカイプで喋りながらだと本当に全然違いますね。
コミュニケーションがとれるってすばらしい。
情報交換が出来るのがいいね! 今まで知らなかった事を知れるのは有難い。

んで今日。
再び野良でマルチプレイです。
人の出入りが多い中、入ってくる連中に我儘野郎率がとても高いです。
入室して速攻でクエストを受けて「これやってください」というパターンが凄く多い。今日やった3時間の中で3人。なんかこういうテンプレートがどこかの教科書に載っているのかと疑うレベル。
というかそうか、他人のそういうやり口を見て真似するんだろうな、きっと。
「順番にやりましょう」等の発言があった場合の退出もパターンですね。
やってくれる部屋が見つかるまでそれを続けるのでしょうか?
で、本日出会った3人の内、三人目が強かった。
入室して速攻で緊急クエストを貼り。
直前のクエストで僕の緊急をやってたのですが、それはクエスト失敗してしまったのですよ。
で、流れでは再び僕のクエストじゃないですかぁ。
失敗したクエストには3人で行ってて、一人は次で抜けると前もって宣言されていたのでその人は部屋を抜けました。
部屋主の人は残っていましたが、その前にその人の緊急クエストをクリアしてたので、僕の緊急クエストに付き合ってくれる形でした。
なので「私の緊急のあとでよければ」と僕はチャットに打ち込んだのですが、既に僕以外の全員がクエストに参加していたため、まぁいいかとその人のクエストに参加する事にしました。
緊急クエを貼った人は「つぎもいきますよ!」と宣言してましたが、ああこれは自分のクエストが終わったら抜けるパターンだな、と私はこの時点でそう思っていました。
んで。
その人の緊急クエクリア。その人そのまま僕の緊急クエにも参加。
おお、ちゃんと約束を守る人だったー、しかしそれなら最初から我儘言わずに順番守ればいいのになぁ。
とか思っていたらですよ。
その人、秘境エリアから一歩も動かず。
す、すげー!
嘘を吐かずに糞我儘を貫いたわーーーーーーー!!!
もう感心しますね。
ここまでするのかと。
部屋を抜けず、嘘を吐かなければいいとでも思っているのでしょうか。
あわよくば報酬も貰うつもりだったのか。
そうはいくかとクエストリタイヤ。
完全に気力をなくしたので本日のモンハンはこれにて終了に致しました。
くそー、最初に受けた緊急クエストを失敗したのが痛い。
つーか、リオレイア亜種を倒すクエストなのだけれど、何故かゲリョスが同じエリアに飛んできて、二人倒れてエリア内に俺一人になって結局俺も死んだ。
あのゲリョスはなんだったんだ!
他の同じ緊急クエストでは見かけなかったのにーーーーーー。

しっかしオンラインプレイ無料のゲームではこの手の糞野郎がどこにでもいますね。
いや、糞野郎自体はどんな世界にも存在するのですけれど、遭遇率がとても高い。
MH4ではマナー違反に対するペナルティがゼロというのが宜しくないですね。
やったもん勝ち。自身の希望を通ればその後に何をしようがダメージゼロ。
200万近く売り上げたゲームなので、そもそものプレイ人口が多いですしねー。
この辺のマナー問題は解決しそうにありません。
なるべく早くに良い感じのアイディアが広まることを望みます。3年後くらいにはなんとか。

マナー違反はやめましょう、というのはどこにでもデカデカと書いてあるのに、そんなの全くお構いなしなのはペナルティがないから。
糞野郎には罰があるべきなんです、本当に。
まぁどうやって罰を与えるのか、どうやって糞を判断するのか、という問題を解決する方法は難しいですわな。


つーか!
上位入れたー、楽しー!
という日記を書こうとしてたのにご覧の有り様ですよ!!
モンスターハンターで一番楽しい時期は上位に入ったところだと私は思います。
一気に装備が充実して、どんどん強化していける。
そしてゲームにも慣れてきて、モンスターとの戦いにコツを見出してくるのもこの段階。
装備と自身が同時に強くなっていくのを最も強く感じられるのが上位に入ったところなのですー。
とりあえず、友達と一緒に遊ぶMH4は間違いなく神ゲームです。
超楽しい。
野良はもう諦めよう。碌な事がない。
というかそもそもシステムが良くない。
しかし身内と遊ぶ分には問題無しなのです。
posted by つし at 01:03| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする