2011年06月07日

XBOX360とYouTubeが云々について思ったこと

E3がなんとかかんとかという事で、ゲーム業界に色々と新しい情報が入ってきました。
とりあえず、vitaは欲しいと思った。
PSPもDSもその他新しいゲームハードは、発売されてからも相当長い間は興味無し! というのが基本だった私なのに!
vitaは発売日に欲しいくらいに思いました。買うかどうかは相当にアヤシイですけれど。

XBOX360側の発表は、キネクトばかりで日本人からは「ガッカリ」という声が大きい感じなのですかね?
私も、少し前まではそう感じたと思います。
しかし実際にキネクトを体験してからは、キネクトスゲェスゲェと思うようになりました。
いや、まじでスゴイんですよ、キネクト。
あのスゲー未来のテクノロジーを大きく取り上げるというのは、十分にアリだと思います。
まぁ私の家ではキネクトなんて遊べない訳ですが!!
でもキネクト欲しい。いずれ欲しい。


さておき本題。
XBOXliveからでも、youtubeが見れるようになるとかなんとか、という話。
これ自体はすごくどうでもいい!
PCでいいわ!
どうせならUSTREAMとかと連携できるようにしてくれれば良かったのに!!
というような反応をしました。
まぁ冷静に考えれば、USTと連携して、箱からそのままゲームプレイを配信できるようになります!なんていうことは有り得ない訳で。

そんな事を考えていたらコチラのニュース。
Street Fighter III: Third Strike - Online Edition
http://www.4gamer.net/games/134/G013426/20110607003/

最近スーパーストリートファイター4をやりまくっている私ですが、3は敷居高いよなー。
あぁでも1200ゲイツなのか! これなら手頃じゃない!
じゃなくて!
youtubeへのアップロード機能が付いているらしいです!
これにはすごく衝撃を受けました。
凄い時代になったものだ……。

これが出来てしまうのなら、いつか本当にUSTみたいな生配信機能が付いたゲームが出てくるというのも有るのかも知れないなぁ、と、適当な事を思いました。

んで。
このスト3のyoutubeアップロード機能は、すごくいいなぁと思うのですよ。
今後、色々なゲームに同じ機能が付いて欲しい。
ゲームプレイの配信は、ストーリーがあるゲームのネタバレやら色々な問題があるから難しいけれど、リプレイを見れるゲームというのは、そういうの平気じゃないですか!
だからガンガンやって欲しい。

以下妄想。
ゲームの大会等をやる場合。
参加者がそれぞれの組み合わせで対戦して、そのリプレイをアップロード。
主催者or実況者が、上がってきた動画をUSTやニコ生等で配信。
みんなでそれを見る。

とか、なんか、やってみたい。
アップロードに時間掛かりそうとか、そもそもリアルタイムの方が盛り上がる、とか色々なアレはありますが……ッ!
そういう形式だったら、色々な人が大会を主催できないかなーとか思ったのです。

例えばカルドセプトの場合、アップロードされた対戦に参加した人が、そのまま解説やら反省とか、そういったものを配信できたら楽しそう。
まぁ、カルドの対戦は1回が長いので、たとえリプレイ形式だとしても相当に無理くさいのですがぁぁぁ。
しかし色々夢が広がりんぐ。
是非ともカルドセプトの最新作は再びXBOX360で出して頂きたい。
つーか、リプレイアップロードは難しいとしても、観戦機能を付けて欲しいものですよ!
XBOX360でもPS3でもいいですから!
携帯ゲーム機だと観戦とか無いからアレですよ!

なんにせよ、ゲームの発展には色々とワクワクするものがあるなぁ、と思いましたとさ。
おわり!
posted by つし at 19:36| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

マジック2012

マジック:ザ・ギャザリング デュエル・オブ・ザ・プレインズウォーカー 2012

正式名称、長い。
先週に配信開始されました、マジック2012。
どうせデッキ構築できないんだしー!
と、買うかどうか微妙だったのですが、結局買いました。
凄く面白かった。

前作では、アンロックされたカードを元のデッキに追加していくことしかできなくて、デッキ総数がどんどん増えていくばかり、というのが超絶にしょんぼりだったのですよ。
しかし今作では、デッキ構築は出来ないものの、デッキから要らないカードを抜くことが可能になった為、それなりにデッキに個性を持たせられるようになりました!
デッキの枚数も60枚のままなので、密度が下がらないので割と安定するようになったのがとても良い感じ。
更に、前作では極端に性能の悪いカードが多々存在していたのですが、今作では各デッキのカードパワーが大きく上がっています!
「こんなクソカード使いたくねェよおおおおおおお!!」というのが殆どないので、変なストレスも無くなりました!

デッキ構築できない。
その前提があったのであまり期待していなかったのですが、普通にマジックの駆け引きが全力で楽しめて満足でございました。

まぁでも本当に、つくづく思います。もったいない。
このカードプールで、自由にデッキ構築が可能だったらなぁぁぁぁ。
そうしたらモノスンゲー神ゲームなのですが、まーしょうがねーよぉー。

んで。
前作でも私は配信直後にランクマッチを連戦して、TrueSkill30の世界ランク2位まで行けました。
今回もいけるところまで行くぞー!
どうせ勝てるのは最初だけだろうし!
という事でランクマッチ連戦。
今回も相当勝率が良くて、TS29の26位まで行けました。

roots_ushi / つし/るうつ
超連勝してここまでのびた。 http://twitpic.com/5eppm6 at 06/21 21:34


が、そこから2連敗してTS28の47位にダウン。
そこから6連勝くらいしてTS29に復帰。
したところで、なんかもういいかなー、という感じになりました!
僕、満足!
TS30まで行けたらいいなぁ、とも思うのですが、無理に目指して返り討ちに有ってしまうと、いつもどおりの泥沼に陥るのが眼に見えておりますので!!
1vs1のランクマッチはもうやらないだけで、まだまだ遊びますけどね!

ということで使ってたデッキに関して云々。
初めの内で、色々なデッキを使っていたのですが、少ししてからは青緑デッキだけしか使わなくなりました。
青緑デッキの内容はコチラ。
http://www.jfkmagic.sakura.ne.jp/duels2012/UG_Ancient_Depths.txt

このデッキ、強いし楽しいぜ!
単純にデカイクリーチャーのスーパーパワーで圧倒できる場面も多いのですが、展開が宜しくない時なんかに、何を優先するか、どこでカードを使うべきか、という判断が重要で楽しい。
最も使い甲斐があるカードが《上天の突然変異/AEther Mutation(APC)》
5マナのソーサリーで、クリーチャーを手札に戻して、そのクリのコスト分トークンを出す。
劣勢時の最重要スペルですよ!!
僕がマジックを遊んでいた当時、全く興味も無かった、この重いソーサリーが、まさかここまで強いカードだったとは……。
このカードの使い道次第で、寿命が延びて勝利に繋がるのですよ!!
劣勢時だけじゃなくて、エンドカード的な使い方もできるのが良い。
具体的には自分のエルドラージをバウンス。

それと、この上天の突然変異、同デッキとの対戦で最重要です。
青緑デッキは多分、マジック2012で最も強いデッキ、というのが多くの人の認識だと思うのですよ。
なので、同デッキと戦うこともあります。大体の場合は相手が抜けたりデッキ変えたりが多いですガ。

青緑の同デッキ対決では、先に大技を決めたほうが勝つ場合が多い、はず、です。多分。
しかーし、先にデカイクリーチャーを出せたとしても、返しで上天されると色々ヤバイ。
1/1トークンの攻撃力は馬鹿にならない。
なので、そこら辺の駆け引き・読み合い・場の優劣。それらの兼ね合いが楽しいぜ!!
まぁ、読み合いに持って行く前にゲームが終わる事も多いのですがー!


あとは、この青緑デッキは、2マナ帯にワンドロー付きのカードが8枚入ってるのが素晴らしい。
そのお陰で、全デッキ中で最も安定していると思います。
そんなに事故らない!!

その他!
色々あるのですが、おじさんもう疲れちゃったよ!!
ということで今日のところはこれで終了です。
続きを書くかどうかは、果たして!!!
posted by つし at 23:38| Comment(4) | マジック:ザ・ギャザリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

キオラさんの青緑デッキ

デッキ名:Ancient Depths

土地を加速して大きくて強いカードを唱えるデッキ。
この手のデッキは、私がマジックを遊んでいた当時から好きなタイプのデッキです。
アンロックされた16枚のカードの内、どれをデッキに加えて、どのカードをデッキから抜くべきか。
私が選んだ基準なんかを書いていきますよ!!

参照&コピペ元:あんかばさんのページ http://www.jfkmagic.sakura.ne.jp/duels2012/UG_Ancient_Depths.txt


in 《スカイシュラウドの要求/Skyshroud Claim(NEM)》×2
3緑
ソーサリー
あなたのライブラリーから森(Forest)カードを最大2枚まで探し、それらを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

元のデッキには同マナコストで、森以外も選べる代わりにタップインの《爆発的植生/Explosive Vegetation》が2枚入っています。
でもカードの強さが段違い。
実質2マナでこの効果!
爆発的植生に比べて、スカイシュラウドの要求は使った後にも更に色々出来るのが強い。強すぎる。
注意点としては、マジック2012ではマナコストの支払いがコンピューターによって自動で決められるので、手札から土地を出すのは、スカイシュラウドの要求を使った後にするのが良いです。
これに限らず、手札から土地を出すのは後回しにした方がいい場面が多々有りますよ!!
手札には《探検/Explore》2枚、島と森、その他のカード。
森を出して、場には森森島で合計3マナ。
探検2回使ってマナブースト&2枚ドローだー!
そう考えつつ1枚目の探検使ったら森を2枚タップされて、すげぇあんぐりした事がありました。
お、お前ーーー!! 1ターンの差が勝敗を分けるというのにいいいいい!!!
その対戦は負けました。このことが敗因になったかどうかは分かりませんが。


in 《原始のタイタン/Primeval Titan(M11)》
in 《無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyre(ROE)》
両方とも単純に強い。
タイタンは、爆発的植生に2マナ追加するだけで6/6トランプルが付いてくるのだから頭おかしい。
更に毎ターン無料で爆発的植生ですよ。頭おかしい。
ウラモグは11マナなので重いですが、このデッキはパーマネント破壊を出来ないデッキなので、ストレートな強さが良い。
元デッキには10マナの《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth(ROE)》が入っていますが、両方強いので両方良いと思います。普通に出るし。

in 《精神の制御/Mind Control(M11)》
in 《複製の儀式/Rite of Replication(ZEN)》
クリーチャーのコントロールを得るマインドコントロール。
クリーチャーをコピーする複製の儀式。
この手のカードが弱い訳がない!
コントロール奪取の強さは説明するまでも無いとして、複製の儀式ですよ。

《複製の儀式/Rite of Replication(ZEN)》
2青青
ソーサリー
キッカー {5}.
クリーチャー1体を対象とし、それのコピーであるトークンを1体戦場に出す。Rite of Replicationがキッカーされていた場合、代わりにそのトークンを5体戦場に出す。

馬鹿じゃないのwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
やり過ぎだろwwww と見せかけて、丁度良くゲームを終わらせてくれるバランスな気がします。
まぁ同じコストで3体コピーという内容だったとしても十分に強すぎると思いますけど!
何よりも、相手の心をへし折る効果がスゴイ。
そりゃこんなもん絶望してしまうわ!!
強いクリーチャーをコピーするのも良いですが、そうじゃなくても十分です。
相手の1/1飛行クリーチャーをコピっただけでも十分な場合が殆ど。
キッカー分のマナが出せなくても、相打ちブロックで時間稼ぎに使えれば後続の強クリーチャーに繋げられるので良い。
ゲームエンド的な使い方ができなくても、自身を延命してゲームエンドカードを使えるようになるまで耐えれれば良いのです。
それと、同デッキ対戦では、相手に出された伝説クリーチャーに使って対消滅させられるので便利。
一度、圧倒的有利な状態から、一気にゲームを決めようとして複製の儀式を使ったら、コピーが出てこないどころか、場から俺様の最強クリーチャーが居なくなって呆然とした事がありました。
伝説を忘れてました。負けました。


in 《突撃ゼッペリド/Assault Zeppelid(DIS)》×2
4マナ3/3飛行トランプル。
攻防に便利。というか飛行が少ないので防御に重要。


in 《トレストの密偵の統率者、エドリック/Edric, Spymaster of Trest(CMD)》
1緑青
伝説のクリーチャー -- エルフ(Elf)・ならず者(Rogue) (2/2)
クリーチャーが1体あなたの対戦相手の1人に戦闘ダメージを与えるたび、それのコントローラーはカードを1枚引いてもよい。

このデッキ、殴りに行くクリーチャーなんて殆どいないんだから要らないよなぁ…。
と思っていたのですが、実際に使ってるのを見たら強そうだった。
特に同デッキとの対戦では、コイツの能力でドローに差が付いたらそれだけで勝てる。
あとはクリーチャー不足のデッキなので、相手の2/2と相打ちにしてしまっても良いと思います。
《とぐろ巻きの巫女/Coiling Oracle》がパワー1なので、相手の2/2に苦労するので。
というかあの蛇、巫女には全く見えないよ!!!


以上、合計7種類9枚のカードをデッキに追加してます。
アンロックされたカードの内、デッキに入れなかったものについて。

《未踏の開拓地/New Frontiers(ODY)》
相手のマナが増えたら、このデッキの強みが完全に失われるじゃないですか!

《生命の運命/Living Destiny(ROE)》
ライフを得るより土地を増やしたい。4マナという重さがなぁ。

《墨溜まりのリバイアサン/Inkwell Leviathan(CON)》
被覆は強い。けど、他のクリで十分な事が殆ど。
でも被覆は強い。
同デッキや青単デッキを相手にすると、クリーチャーのコントロールを得られてしまう可能性があるので、被覆があると強い。島渡り付いていますし。
他デッキ相手でも、除去られないのは強いですし。
でもなーーーーーーーーーーーーー。

《空中浮遊/Levitation(M10)》
自分の全クリーチャーに飛行。
どうなんですかね、このエンチャント。
一見、どう見ても不必要なんですけど、相手の飛行を止められるようになるのは魅力です。
エンチャントを割られることも殆ど無い環境なので、1枚積みでも役に立ちそう、ではあるのですがぁぁぁ。
でもやっぱり、どう見ても不必要に感じられてしまうので使えません!!
出たら強いのは分かるだけに微妙なところ。
うむむ?


次!
元のデッキから抜いたカード!

out 《高潮のクラーケン/Tidal Kraken(9ED)》
out 《島背の落とし子/Isleback Spawn(SHM)》
デカいだけのクリーチャーは要らないのですよ!!
でも落とし子の被覆は魅力ですがああああああ!!!
素のパワーがもうちょいあれば、だなぁ。

out 《大ダコ/Giant Octopus(9ED)》×2
4マナ3/3。
突撃ゼッペリドの代わりに抜いた感じ。
クリーチャー数が少ないので、両方入れてもいいかもしれないですがー。

out 《クラーケンの幼子/Kraken Hatchling(ZEN)》×2
1マナでタフネス4。
このデッキの負けパターンは、序盤から相手の速攻に押し負ける、というのが殆どなので、序盤からこのクリーチャーを出せれば大きいです。
でも序盤以外に引いたらほぼ無意味。それでいて中途半端な2枚積み。
だったら全部抜いてしまえ、と。
大タコも抜いていることでお分かりの通り、私の方針は序盤の守りを固めるよりも、さっさと土地を増やして強いカードを使いたい方針です。

out 《エルフの笛吹き/Elvish Piper(M10)》
私の方針は、さっさと土地を並べて普通に出すことですので……。
でもこのカード、インスタントタイミングでクリーチャーを出せるので、相手の不意を付けるのが良いです。
特に同デッキ相手だと、相手のコントロール奪取や上天の突然変異を警戒しなければいけないため、相手がタップアウトしてから能力を起動することで、安全にタコレジェンドやエルドラージで1回殴れる、というのが強い。
けど、ソレダケダヨナァ。

out 《爆発的植生/Explosive Vegetation(ONS)》
2枚積んである内の1枚を外しました。
他に抜く物が無さげだったので!!!

out 《変身/Polymorph(M10)》
やだ、なにこのunkカード……。
パッと見の感想がそれなのですがー。
冷静に考えてみると、僕のデッキ構成の場合、入っているクリーチャーで低マナな物は
2マナの巫女蛇4枚。
3マナのレジェンドエルフ。
4マナの3/3/飛行が2枚。土地を引っ張ってくる2/4巨人が2枚。

以上の9枚。対して高マナは6枚。
……やっぱ分が悪いな。
とはいえ、蛇か巨人が出てきてもワンドローor土地1枚が付いてくるので、それほど損はしないと思います。
相手のクリーチャーに使うこともできるしネ!
でもやっぱり、それよりはさっさと自分の土地を増やすほうが、私は、好きです。



こんなところですかね。
隠しアンロックカードとかが有るかも無いかも、と言われていますが僕は持ってないので知りません!
とにかくこのデッキは、如何に土地を増やすかに尽きるのですよ。
7〜8マナまで出せるようになると、1ターンに動ける回数が増える&ゲームエンドカードを出せる。
ということで4マナ帯をさっさと抜けたい。
4〜5マナ帯で土地を増やすカードを使えるというのが強いので、その他のカードを使う必要が無いのですね!
4枚ドローの《連絡/Tidings(10E)》は、5マナ帯から7マナに乗せる事ができるし、攻め手も守り手も引いてくるしで最強ですよ!
2枚しか入っていないのが惜しい。

あとはもう散々言い続けていますが、自由にデッキを組めたらなぁぁぁぁ!
このデッキに排撃入れたり対抗呪文入れたりできたらなぁぁぁぁ、とか超思ってしまうぜ。
でもまぁ、致し方無い。
つーか、このデッキで勝ててる理由は、固定デッキしか使えない所為で、速攻タイプのデッキが存在しないから、ですからね!!
打ち消し系のカードも少ないから、やりたい放題ですし!
あぁあしかしやっぱり自由にデッキを組めたのならばー!!!


ふぅ。
久しぶりにブログが縦に長いな!!
posted by つし at 21:14| Comment(0) | マジック:ザ・ギャザリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする