2006年10月01日

Grooooove

psu20060930_154923_008.bmp
今日の明け方頃に強化やら合成やらでマイルームを入ったり来たりしていると、お客さんがやってきました

プレミアの頃にお会いした依さんでした
偶然やってこられたようで!びっくりした!
カード交換しつつ、その時丁度オンラインに出現したakiさんの部屋に突撃しました
その後すかーさんも部屋にやってきて久しぶりに対面!
今までもすかーさんとは遭遇するだけで、その後が無かったので今回もこれっきりだと思います。
イルミナスでまたお会いしましょう。

そんな感じで7時過ぎまで騒いでました、たのしかたです。

psu20061001_065838_003.bmp
メガネの人の目が怖い





先月20日にPE'Z初のまともなヴォーカル付きのCDが発売されました
PE'Zが大好きな僕はこの事をすっかりわすれていまして!一週間遅れで購入しました
NATE JAMESさんという方がヴォーカルなのですが、僕は知りませんでした!

んで、聞いてみた感想
僕が思うPE'Zの良さに、それぞれの楽器の独立した魅力というのがあるのですが
ヴォーカルが付いた事でそれが薄まった印象をうけました
今までは普通の歌でのヴォーカル部分をトランペットとサックスでやっていた訳で
素敵な曲だけどPE'Zっぽくはないよなぁぁぁ、という感じです

とはいえ!初のちゃんとした歌詞有りの曲って事でカラオケにも配信されるといいなぁぁぁ!
俺、歌詞を覚えておくよ!!
posted by つし at 10:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

ひぐらす

どうもー!こーんにーちわー!
今日はPSUの新要素開放の日ですねー!
昨日の昼前からメンテに突入して、予定では今日の17時に終了ですねー!
メンテ延長ですねーー!

もはや何も感想は無いですね!
予想通り過ぎてなんとも。
もっと面白い事を起こしてくれよぉ!
メンテが終わってもログインしづらい状況が続くんでしょうね、もちろん。
でも最近人も減ってきてるしすんなり入れる可能性も多少はアルノカモー☆




オーモイキーですね

さて、PSUの事は割りとどうでもいいので本題に入りたいと思います

先日じゅんさんから郵便が届きまして、ひぐらしのなく頃に を戴きました
わっしょーい、ありがとう!
同時にyayoiさんと汁さんにも送られていたようで同時にゲームを進められて嬉しいです
ひぐらしの話をしたい、って思ってたのですが、回りの人は既に全部終わっていたので対等に話が出来なかったのですよ、、、。

汁さんはアニメの方を最終話以外見ていたようで、話が合わないかもですが
yayoiの方はひぐらしに対する知識がファミ通などの記事とsivaっさんからのネタバレくらいだったので俺と話を合わせられそうです

まぁ俺はアニメで問題編までは見ていたのですが、、。
それでもアニメでは省かれてる部分も多いので話は合うか!
昨日の段階で問題編の二つ目のシナリオを俺とyayoiがクリアした後でメールで意見交換などをしてみました

いやぁ、、深いわ
俺がいかに浅い考えを巡らせていたか、、。
yayoiの意見になるほどなるほどと思うしか無かったです
元々推理物には疎いわ、頭が悪いわで、こういうのは弱いのですが
自分もちゃんとした意見を言いたくてすごく考えました

でも、ここはこうだったんじゃないか、って考えた部分も的外れな事ばっかりなんだろうなぁ、、。
それでもほぼ同じ進行度の人と意見を交換出来る環境になったのは嬉しいことです!
色々考えるのが楽しくて、次のシナリオにすぐ行くのが勿体無くなってしまいます


ひぐらしは面白いです
ついさっき3つ目のシナリオが終わったところです
アニメで見ていた話なので、何が起こるかはわかってはいたのですが
それでも面白くて怖くて途中でやめられなくなってしまいます

無料で出来る体験版の鬼隠し編の後半が怖すぎて途中から音楽を聴きながらやった事を言うと
ひぐらしを全部見た人からチキンチキンと罵られまくったので
今回はちゃんと音楽を聴きながらやっていますよ!!
怖いけど僕頑張ってるよ!

こんなに楽しいゲームですが、先を急がないでじっくり考えをまとめてから次の話に進みたいと思います。

日記を書いてるうちにメンテ延長後の終了時間が過ぎていました
はたしてメンテは終わったのでしょうか?
終わったとしたらすんなりログイン出来るのでしょうか?
そして追加された要素は満足のいくものなのでしょうか?

どれも絶望的に感じますね。
posted by つし at 18:10| Comment(0) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

時のらせん

納豆が美味しいです

一人暮らし始めた当初は3パック入りの納豆を買っても期限内に食べれないだろうな
と思っていて全く買っていなかったのですが
しばらく食べていないと食べたくなるもので、たまに買ってみるのですよ

納豆は素敵です
自分がご飯を炊く時は5合炊いて冷凍しているのですが
冷凍ゴハンを食べるときは何をおかずに食べようか迷うところを
納豆があれば迷わず手軽に美味しく食べられます、素敵。
栄養的にもいいとか云々。美味しいから別にそんな事は気にしないのですが!

そんな事を思った秋、皆様いかがお過ごしでしょうか?


最近のファミ通なんかを読んで知った事なんですが
数年前にハマっていたカードゲーム、マジックザギャザリングの新エキスパションが出たとか。
マジックは定期的に新しいセットが出るので、それ自体は特に気にならない事だったのですが、、、
内容がすごいかったです、僕の心を掴みまくりです

昔のカードが多数収録されたセットとの事で!!
雑誌に載ってるカードを見ても、懐かしさと強さが一瞬で浮かんできます
これはやばいです、めちゃくちゃやりたい!

昔のカードが復刻という事は自分の持っているカードがまた使えるという訳で!
当時の神レアで、使い道の無くなった物をしげるから買い取っていた僕の財産の中にも復刻された物が有りますよー!
これらがまた日の目をみる事になるなんて、、。
マジックから遠ざかっていたプレイヤーには復帰するチャンスにもなるエキスパションだなぁぁ


マジックは面白いです
これまで生きてきた中で、ゲームと分類される全ての中でも一番面白いです
トーナメントでの試合はどんなゲームよりも手に汗握ります

そんな面白すぎるマジックの欠点といえば
お金がかかりすぎる事と周りにやってる友達がいないとつらい事かなぁ
一緒に遊ぶ人がいてこそのゲームなので、、。
そして一緒に遊びたいが為に勧めようとしても、お金がかかるゲームなので勧めづらい、と。
難しいなぁぁぁ

自分自身もマジックはやりたいけど、普段遊ぶ機会が無いものに
多くのお金を使うのは勿体無いよなぁぁぁ、と復帰出来ない感じです(´・ω・`)

機会があればやりたいです
機会が無かったら手持ちのカードをこのチャンスに売っ払おうかなぁ、とか。
posted by つし at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

(´・ω・`)

psu20061007_123233_026.bmp

PSUでメインキャラのLiVEのレベルが50になりました
12日の追加でレベルキャップ開放との事で
それまでにカンストすればいいやって感じでやってました
タイプレベルはハンター10フォース10レンジャー5です
12日以降はウォーテクターになると思われます

製品版を始める前からHU+FOのタイプをやる!って決めてはいたのですが
実際製品版をやってみるとタイプレベルのカンストは早めに到達出来る感じで
どうしたもんか、という感じです

製品版をやる前にイメージしてたのが
タイプレベルは上がってもステータスが少しだけあがるくらいで
タイプレベルも上限が100とかあると思ってたのです、が
実際はタイプレベルが上がるとステータスも大きく上がって、レベルも10までとの事で。
タイプレベルのカンストは難しくないから、多くの人がタイプをやってる感じで
種族の苦手なタイプをやってる人も珍しくなくて、ニューマンで貧弱ファイターをやろうとしてた僕はちょっとしょんぼりです

上位タイプのレベル上限は10なのだろうか、、、
ステータスの上がり具合を考えたらそうなんだろうなぁ
タイプレベルのカンストは早めに出来る様な気もするので
最初はフォルテクターを選ぶのもいいかもだ
近接武器を揃えるのは大変なので(´・ω・`)

うーんうーん、迷いどころだ
迷える事が出来たのはいい事です




ひぐらしー、のはなしー

問題編4つのシナリオを見終わって、いよいよ解答編に突入しました
解答編最初のシナリオ、目明し編の感想などを

主人公が変わって別な人の目線で今までの話のわからなかった部分を知っていく、っていう話なのですが、、、
主人公に感情移入が出来なくてちょっと微妙な感じに残りました
一言で言うと「つまらない」
物語が面白くないっていう意味じゃなくて
自分の考えと違うところに進み過ぎておもしろくなーい!って感じです

内容としてはめちゃくちゃ怖かったです!
問題編のシナリオを別人目線で進んでる感じなので
後の展開を知ってる訳ですよ
そこで色々と先を想像出来て怖くなる
なんでこんなに想像力が豊かなんでしょうか、いやになります
その頭に浮かんだ出来事を見たくなくて、先を進めるのが怖くなります
まぁこれはチキンハートな僕だからこそ、なんだろうけども(´・ω・`)

うー、残りのシナリオに期待です
posted by つし at 01:24| Comment(0) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

罪滅し編

惨劇に挑め

この言葉がこんなにかっこいい言葉だったなんて!

ひぐらしのく頃に解 罪滅し編を見終わりました
いままでのシナリオの中で一番おもしろかったー!
怖さはそれほど無いんだけど、先の展開が不安で怖くなるのは相変わらずです
顔はにやけながらやっていても、背中が寒い。そんな感じです

もー、本当に面白かった!
ひぐらしも残り2つのシナリオを残すのみとなりましたが
じっくりと味わって進めたいと思います

それにしてもここまでひぐらしにハマるとは思っていなかったです
こういう文字を読んでいくゲームは逆転裁判とかまいたちの夜にくらいしかやった事ないんだけど
心臓を揺らされる感じで全部共通です

逆転裁判は僕がやったTVゲームで最も面白かったものの一つなのですが
タイトル通りに展開が逆転に次ぐ逆転で、どんどんゲームの中に引き込まれていって
息を切らしながら終わらせたゲームなのですが
ひぐらしをやってる時も同じ感じを味わいました
ゲームの中の話なのに「ちょ、おま!そんな事したらこの後どうなってしまうんだー!」とハラハラしっぱなしです

まぁそんな感じで!みんなひぐらしをやればいいんだと思います
posted by つし at 23:02| Comment(0) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

PSU

色々と追加されましたね、PSU
本来だったら電撃PSに載ってた項目が追加される予定だったのでしょうか?
真相はわかりませんが、PAが寂しかったです

とりあえずはタイプチェンジだー、と
ウォーテクターとフォルテクターのステータスをしばらくの間、見比べていました
法撃力の差がかなり大きいのが気になったものの、当初の予定通りウォーテクターを選びました

んで、ある程度やってみてわかった事
ウォーテクターの法撃力ではテクニック主体はかなりきびしい!
HU+FOのタイプなんだから、テク主体でやりたいならフォルテク選べよって話なのですが!

僕はハンターをやった時に全部のスキルを20にしていたので
ウォーテクでスキルを撃ってもレベルが上がらなくて使う気がしないのです!
これは僕がカンストしている物は使いたくないと思う性格なので、、、はい、、。
新スキルの爪もニューマンウォーテクタの攻撃力では必要な攻撃力に全く届いていませんでした

ウォーテクのままでは上げられるPAがテクだけだったので結局フォルテクターにタイプチェンジ!
テク撃ちまくるぜぇぇぇ!!

なんかもっと色々書こうとしてたんだけど、出てくるのがソニチに対する暴言ばかりだったのでこのへんで失礼します
posted by つし at 00:44| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

皆殺し編 後半はネタバレ注意!

ひぐらしのく頃に解 皆殺し編が終了しました
とてもおもしろかったです
展開に一喜一憂して完全に物語の中に引き込まれました
終盤の展開は泣くわ・・・

今まで謎だった部分が殆ど解明したのかな?
あとは、どうやって惨劇に挑んでいくのかを考えるのみです
全8話のひぐらしも、残すところ1話というのも寂しい感じです
PS2では別のシナリオが追加されるとの事で、改めて楽しみになりました

ここから下はひぐらしの完全なネタバレを書きとめようと思います
すでに全8話中の7話、皆殺し編まで終わってる人以外は絶対に見ないでください
ひぐらしに興味が無い人も見ないでください、どうせやらないと思っていても見てはいけません
未来はわかりませんので。
というか俺の周りにいる人で、ひぐらしをやっていない人がいたら勧めますので!気をつけて!
だからこの先は見ーるーなーーー!!!











ここから下はネタバレですよ!
絶対に見るんじゃねえええええ!!!



さて
まず最初に言いたい事があります
これが言いたいからネタバレになる日記を書こうと思ったのです
本来なら何かのきっかけで予期せず内容を知ってしまう事もあると思うので
書かない事が多いのですが、、。
でも書きたいから書く、です。

では、最初に


さばのネタバレはいいかげんにした方がいいと思う

ということですよ!!!!!
事の発端はPSUでのさばからのシンプルメール
「犯人は三」

この四文字がいかに致命的な内容だった事か!!!
さば的には本気のネタバレをするつもりじゃなくて、頭に浮かんだ事を何となくで送ったんだとはおもいますがー!
この内容が事実でも関係の無いことでも、頭の奥底までこびり付いて
ひぐらしを進める上での大きな障害になるのですよ!!
もう5年も交流がある訳で、さばのこの発言が事実なんだろうな、という事もわかってしまうのです!!!

この時点で僕は暇潰し編まで終わってたのかな?そこはうろ覚えですが、、。
そして、あまりにも致命的なこの内容のメールがさばから来た事を
yayoiにそのまま伝えた事も、今考えたら言わない方が良かったな、と、、。
当時は畜生ふざけんな!yayoiも巻き込んでやれ!と。
嘘か本当かはわからないんだからいいかぁ、と考えてのことでしたが
皆殺し編を終えた今では、、、もう、、、。

とりあえず元凶であるところのさばっさんを祟っておく事にします
今後この様な事が無いように頑張りたいと思います
他にもじゅんさんと俺は物語と関係は無いけど、それっぽい事をネタバレの様に言うことがありますが
それも物語を楽しむ上ではかなり邪魔な存在として、頭の中に残ってしまう恐れがあるので気をつけていきましょう。
でも多分言うな
俺も じゅんさんも。


さておき、普通に感想などを書いていきたいと思います!
さばへの恨みをこんなに長々と書くつもりは無かったのに!
ひぐらしを終えたばかりで、気分が乗ってるので文章がスムーズに書けて楽しいのです


全員が信じる事
それを最後の場面でレナが言った時に、言った瞬間にやられました
完全にやられました

この物語の結末がどうなるのか、それが全然わからなくて。
ハッピーエンドになるのか、それとも今までのシナリオのような惨劇で終わるのか。
ハッピーエンドで終わって欲しい
でも最後にひっくり返されるんじゃないか、という不安がずっと付いてきます
いままではその先に対する不安が恐怖になっていましたが
今回の話ではそれに対して、負けるな!頑張れ!と物語の中のキャラクターを応援しながら進めていました

それが突然の不意打ちで物語の終わりへ
話の中に感情移入しすぎている僕はそれが悲しくて悔しくて
でも、そうなる事もあるだろうな と思っていた訳で。
こういう話なんだと思っていました

そこで最後のレナの言葉ですよ
ゲームを進めているプレイヤーがこういう気持ちで文章を読んでいるんだろうな、と読みきった上での「皆殺し編」
もー、完全にやられました

次のシナリオ、最後のシナリオの祭囃し編ではハッピーエンドを疑わないです
すっかりゲームの中に引き込まれた僕が望むのはハッピーエンドだけなんです!
今こそ惨劇に挑む時だ!



とまぁこんな感じです!
この解釈はひぐらしをやった全員共通の物では無いかもですが、それはそれで!
それにしてもひぐらしは楽しいです
最初は魅音コワイヨーとかやっぱ詩音には感情移入できねえよ!とか
おりょうテメエコノヤロウ!とか色々感じた物ですが
今は全部のキャラがかっこいいなぁ、と。
てか園崎家ばかりか!そういう訳じゃない!
何を考えてるのかわからなかったキャラも、謎が解明していくとかっこいい奴らばかりです

もう敵は一人だけですよ
たかn・・・いや、さばだけだ!!
はったおす!!!










注意これより上はひぐらしのネタバレです

posted by つし at 05:19| Comment(0) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

祭囃し編 超ネタバレ注意

ひぐらしのく頃に解 祭囃し編を見終わりました
長くて楽しかったひぐらしの物語もこれでおしまい
とてもとてもとてもおもしろかったです!
この作品を知る機会をくれた皆様に感謝!

感想を書くわけですが、ネタバレ要素が入っているので祭囃し編を終えた方以外は絶っっっ対に! 見ないようにお願いします。






















ここから下はひぐらしのネタバレです



僕が祭囃し編を始める前に考えた事は一つ
絶対にハッピーエンドで終わる、という大きな一つだけの意思でした

今にして思えば、どうすればラスボスに勝てるのかの自分なりの答えを出してから進めれば良かったかなぁ、と
祟殺し編とかでは生き残ってるキャラが居る、っていう事は頭にあったんだから
ちゃんと考えて作中の答えと一緒の物を用意出来たら素敵だったのになぁ
・・・でも僕の頭では無理だったか、、うむむ


話の序盤は鷹野の過去
皆殺し編からの打倒鷹野!という気持ちが薄まっていくのが少しやだなぁ、とか思いながら進めていました
それでもラスボスの強さを確認してからのカケラ紡ぎに入っていく流れは熱い物がありましたね!
負けるものかー!とカケラ紡ぎへ
それぞれのキャラの意思の強さを知って、今までわからなかった事も知っていくのが楽しくて4時間くらい休まず読み進めていました
さすがに疲れて今日はこの編でやめようと思ってゲームを終了したところ
セーブを忘れていました
俺の4時間が、、、

さすがにラスボスの意思は強力だぜ、、。
だがこれしきの事で挫けるものか!
カケラ紡ぎを始める前の気力は十分だったのでへこたれません
もう一度同じのを読むのは大変だと思ってましたが
スキップ出来たので、それほど時間がかからずに復帰出来ました、よかた。


んで、全体の感想ですが
祭囃し編は大人のキャラクターのかっこよさが堪らなかったです!
中でも赤坂の超人ぶりと葛西の迫力はかっこよすぎた!
赤坂が助けに来たときが僕の中で祭囃し編の一番の盛り上がりでした
それまでのピンチから一転した流れはタマランです

そして葛西
まさか葛西死ぬ気か!?と思ったら殺す気の方でしたとは。
ただその後の入江の見せ場はどうかと思いました
その後にあるだろう感動の場面の直前にメイドインヘブンはちょっと!!
葛西の見せ場からの流れの波が激しすぎて心構えがぁぁぁ

大人のキャラのかっこよさに対して子供キャラと言いますと
実に痛快でした!!
山狗vs部活メンバーになってからは常に「くっくっく」と笑ってました
てか声に出てたので、一人暮らしをしていて本当に良かったです!
ひぐらしやってから俺の笑い方は「くっくっく」になってしまいましたよ!


いやぁ、楽しかったです
みんな強すぎだろ!と思う部分もありますが、そんなのは気になりません!
祭囃し編を始める前に考えていたことが一つだけだったので
全部を受け入れられた感じかなぁ

これで全部終わりだと思っていたのです
まだ裏エンディングなるものがあるようなので幸せです
すごく楽しかったから終わってしまうと寂しいからねぇ

PS2版もあるのはいい事なのですが、、、
絵がなぁぁぁぁぁぁぁぁあああああー!
原作の絵と違いすぎるんだよおおぉぉぉおお!
最初はこの絵は変だと思ってたけど、今じゃこの絵以外じゃ嫌なのですよ!
ううー、PS2版は楽しみではあるのですが、、、
もう僕の中でひぐらしは怖い話ではないので、雑誌とかに載ってる記事とかが
怖さを前面に出してる感じなのがなんか嫌だぁぁぁ
しかも声ありっていうのもなぁぁぁ
あぁぁぁーもうーーー

楽しみさと不安な気持ちが半々です








これより上はひぐらしのネタバレです
posted by つし at 07:04| Comment(0) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

理想と現実と

今年発売のネットワークゲームで発売前にめちゃくちゃ期待していた2つのアクションゲームがありました
モンスターハンター2とファンタシースターユニバース
どちらも前作が好きなゲームだったので新作を楽しみにしていました

2月の同じ日付に発売日が重なった事に当時は「どっちをやればいいんだー!」と
要らない心配に頭を悩ませていました
その後PSUが発売延期になり、ものすごく喜んだものです
そしてMH2が発売に。
MH2は面白いゲームです
ただ様々な点で細かいストレスが散りばめられてる事が大問題でした
結局 発売前の期待していた事と大きく違っていて
その事がMH2から離れる大きな原因になった気がします

そして8月の終わりにPSUが発売に。
体験版であるプレミアディスクでのネットワークはめちゃくちゃ面白かったです
体験版って事で気楽に出来た事と、体験版なのに思っていたよりも遊べる事が多かった
っていうのが面白かった理由かなぁ
プレミアの時点で製品版に対する期待は凄く大きくて確かな物になっていました

発売後はいろんな角度から様々ながっかりが。
弱すぎるサーバー
致命的な不具合
体験版と変わらないボリューム
終わらないメンテナンス
まさかの有料ベータ
鳴らない電話
冷めたピザ
楽しかった修学旅行

発売前の期待の大きさと現実の落差がありすぎて楽しめなくなってしまいました
プレミアはあんなに楽しかったのにね
楽しめなくなった原因の多くは自分にあると自覚しています
PSUでもMH2でも、他の事でもそうなのですが
自分の理想が大きすぎて、現実との差がストレスになってるんだろうなぁ、と

ストレスを貯めるタイプでは無いので、実生活に影響があるとかは違うのですが
ゲームをしてても、ここがこうだったら良かったのになぁ、とか思ってしまって
楽しくなくなってしまうのです
楽しくないからやらなくなるわけで。
別にストレスって程じゃないんですけどね!


まぁ何が言いたいかっていうと
色んな人に勧めといて自分がこれじゃあ申し訳ないなぁ、と
PSU以外でも似たようなケースが多いので、この性格はなんとかしたいところです。

そして何でこのタイミングでこんな日記を書いたか、と言いますと
今僕が最も楽しみにしているゲーム、カルドセプトサーガの発売日を一ヶ月切っていたからです!

ふと気が付くまでは、発売まであと3ヶ月くらいっていう意識だったのですが
11月22日発売って事で!
今年期待していた二つのネトゲの結果にしょんぼりしているところに、この事実に気が付いて不安になってしまったのです!
今の僕がカルドにする期待はMH2とPSUの発売前に全く一緒なのです
元々カルドはDCで初めてやって、楽しかったゲームなのですが
当時やりまくった訳では無くて、わりと早めに飽きた気がします
ただ、その後にネットワーク対応のカードゲームの貴重さに気が付いて
前作のネット対応終了以来ずっとやりたいやりたいと言っていたゲームな訳です

ああああぁぁぁぁぁぁあああー!カルドやりたいよー!!

サーガが発表されたときは、XBOX360だから買うかどうか微妙だよなぁとか考えていましたが
今は完全に買う方向になっています!
問題はPS3が発売にあたり値下げが来るだろう、と思っていたものが
HDDなしのコアシステムという存在で、期待はずれだった事でしょうか!
HDD無いと駄目でしょうがー!
うううううう、買うとしたらなんだろう
ブルードラゴンのコアシステムかなぁぁ
ブルードラゴンはCMで少し興味が出たので買ってもいいかもだ

こんな感じで今の僕はカルドに対する期待が計り知れないものになっているので
万が一期待はずれな結果になった時はドウシヨウって感じです
XBOXから買うことになるのでその時のダメージは大きいぜ、、。
期待しすぎると駄目だ、期待しすぎると駄目だ
と言いつつ期待は膨らむ一方で。
頼むぜカルドー!
posted by つし at 03:50| Comment(3) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

くしゃくしゃになった日記

XBOX360の事を軽く調べてみました。
僕は色々勘違いしていた様です。

まずHDD無しのコアシステムは発売済みだと思っていたら、発売日は11月2日との事で。
そしてブルードラゴンのコアシステムは12月の発売で、カルドよりも遅い発売でした。
これは誤算・・・
とっくの昔にコアシステム発売されてて、カルドの2週間くらい前にブルードラゴンが発売くらいに思っていました。
という事はカルドが発売までに今出ている情報以上の動きはないはず・・・
ゲイツ社的には日本での状況はブルードラゴン後に手応えを確かめるはずだし。

僕はカルドの為にXBOX360を買う事をほぼ決めています。
問題はどのXBOXを買うべきか。
基本となるXBOXは4万弱、コアシステムは3万弱。
コアシステムにはHDDが付いていない事が最大のネックですが、発売記念パックにはソフトが2本付いてくる。
ただ僕はそのソフトに興味がゼロ。
別売りのHDDは1万弱、これはかなりきびしい。

XBOX360の最大の武器はネットワークに対応した何かだと思っているので、HDDが無いXBOXなんで話になりません。
つまりコアシステムは買うべきでは無い、か・・・
という事は基本のXBOX360を買うのがいいんだろうか?
少し前まではXBOX360の発売記念パックをよく見かけた物だが、今は出荷が終わっているはず。
この発売記念パックにはマイクのヘッドセットが付いてきてお得って訳だったのだが・・・

くそッ!こんな事ならXBOX360が発売した時やカルドセプトサーガが発表された時にすぐ買っていれば良かったんだ!
そもそも何で買わなかったかと言うと、前の無印XBOXが不人気過ぎてすぐに値下げをした事があったから。
この事から日本ではXBOX駄目なんじゃねえの?という考えが頭に植え付けられて、360も値下げする事を期待してしまったんじゃないか・・・!

そして期待通りPS3が発売される前あたりにXBOX360に動きがあった。
ただそれは期待していた物とは違う、HDDを抜いただけの見せかけの値下げ!
馬鹿野郎ッ!!ネットワークを売りにしたハードにHDDを抜いた機体を広めてどうするんだッッ!!

・・・やはり基本となるパックを買うしかないのか。
いや、待てよ。
最近ネットでXBOX360用の100GのHDDを出るとかのニュースを見たじゃないか。
ガセかもしれない、だけど有り得ない事ではないんだ・・・
もしこのニュースが本当ならコアシステムを買って追加で100GのHDDを買うのがいい気がする・・・・









畜生ッ!どのXBOXを買うのがいいんだよッ!!
わからない、わからない、わからない。
これから年末に掛けて新しい情報が入ってくるかもしれない、まだ買うのは止めるか?
いや、そんな選択肢は存在しない!!
俺はカルドがやりたいんだッ!
だからXBOXを買うんだ!
でも、買った直後に値下げとか来たらどうしよう?
散々待った挙句、発売すぐに出たパックを買うのが一番お得という結論に達して、でもそのパックは今は売っていないからそれよりお得要素が一つ減ったパックを買って・・・
その後値下げなんて来た日には・・・
あぁ・・・イヤだ・・・そんなのはイヤだよ・・・
でもカルドはやりたい、やりたい、やりたい。
わからないわからないわからないわからないわからない
どうしようどうしようどうしようドウシヨウドウシヨウ










はぁ はぁ はぁ はぁ はぁ!
落ち着け、KOOLになるんだ俺。
何を迷う必要があるんだ。
カルドがやりたい、その為にXBOXを買う。
これはもう心の中で決まっていた事じゃないか!
その気になれば1500秒でXBOXを手に入れる事が出来る!
着替えて、財布の中身を確かめて、自転車に乗って。
店の中に入り店員に万札を4枚投げつけてこう言うんだ、
「えっくすぼっくす ぼっくに売ってくーださーいなー」
これだけで終わるじゃないか!!


だがこれで安心してはいけない。
聞く話によるとXBOXはかなり重いらしい。
自転車で無事に家まで帰るまでは安心出来ない。
気にしなければいけないのは重さだけじゃない。
XBOX360は次世代ゲーム機、誰もが欲しがるに違いない。
見つかったら終わりだ。
誰にも見つからずに家まで帰らなくてはいけない!!


あぁ、後ろから誰かがついてくる。
渡さない、このXBOXは誰にも渡さないッ!!
くそ!盗れるもんなら盗ってみやがれッ!
襲ってくるなら容赦はしない、超重量のXBOXでお前の頭を砕いてやるよ!
くけけけけけ、どうした?恐くなったか!?
くけけけけけけけけ、もう家に到着だ!残念だったな!!



そして11月22日、カルドセプトサーガの発売日。
俺はカルドセプトサーガを手に入れる!
グギャギャギャ、これで俺の欲しい物は全部手に入れた!
ギャギャギャ、何も悩む必要なんて無かったんだ!
そして俺はカルドセプトの世界で神になる!
俺の敵は全て魔力枯渇にしてやる!
ぐげげげげげ、カードアドバンテージも理解してない奴になんて負けるもんか!
げげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげげ
posted by つし at 04:55| Comment(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

カルドとは

やばいです、カルドがやりたくてL5発症です。
今後もカルドの話題が出ると思うので、ここらでカルドの魅力などを語ってみましょうか。
楽しみにしてるものの一ヶ月前くらいになると色々書きたくなるのです!
PSUもそうでした、今読み返すと色々複雑な感情が出てきますね。


まずカルドってどんなゲーム?
というところからの説明でしょうか。
よく言われるのは、いたスト+マジックザギャザリング なんてのを聞きますが
マジックわかる人が多くない事や、そもそもマジックとシステムとは大きく違うので説明になっていません。
それに僕はいただきストリートをやった事が無いので、そっちがわからねえ!
てことで俺のわかる言葉で説明してみます。


ボードゲーム+カードゲーム=カルドセプトです。
普通ボードゲームは全員が同じ条件でスタートしますが、カードゲームなのでブック(山札・デッキ)という物が存在します。
カードゲームにおいてデッキというのはプレイヤーの全て!
RPGで自分の装備を揃え、個性を出すのと同じです。

普通のカードゲームではルールが統一されていますが、カルドはボードゲームでもあるのでマップという様々なルールが存在するのです。
マップが変われば条件が変わる、全てのマップに万能なブックなんて存在しない!

この二つの要素が合わさる事で、ゲームの奥深さがとんでもない事になっているのです!
これだけ書くとなんだか難しいゲームの様に感じるかもしれませんが、実際にやってみるとそうでもないのです。
たぶんストーリーをやっていれば自然にルールとシステムは覚えられるんじゃないかなぁ?
そしてシンプルなのに奥深さはとんでもないです。
これがカルドの素晴らしさだと思います。


どんなゲームなのかを具体的に説明して行きましょう!

ゲームの基本的な流れは、ダイスを振ってマップを回って空いているマス(土地)にモンスター(クリーチャー)を置いて領地を増やします。
既に自分以外のクリーチャーがいる土地に止まった場合は、自分のクリーチャーを出して戦闘に!
戦闘に勝てればその領地は自分の物に。
戦闘に負ける、またはクリーチャーを出さなかった場合は通行料を支払わなければいけません。
通行料は土地の価値で決まります。
土地の価値は、土地のレベルや その土地の持ち主が同じ属性の土地をいくつ持っているか(連鎖)で決まります。
つまり、敵の領地に止まると、領地を奪うか・通行料を払うかを選ぶわけです。

なんだか想像以上に説明が難しいゲームだなこれ!
カルド知らない人はこれで理解出来るんだろうか!?

まとめると、自分の領地を増やしたり通行料を貰う事で魔力を増やしていって、決められた魔力に達した人の勝ち〜ってゲームです!
もちろんカードにはクリーチャー以外の魔法(スペル)もあるので、それらを使う事が重要になってくる訳です。

魔力を得る主な方法は土地のレベルアップです。
土地のレベルを上げるには魔力が必要ですが、連鎖した土地の価値は注ぎ込んだ魔力をはるかに上回ります。
土地の価値が上がると通行料も上がるので、そのマスに敵プレイヤーをはめる事が出来ると更に魔力がガッポリと!
でも土地は侵略で奪われる事があるので、考えなしにレベルを上げていてはゲームには勝てません。
このタイミングがカルドの醍醐味!

ゲームの序盤はそれぞれ領地を増やしていきます。
そして中盤、土地のレベルを一気に上げる!
この瞬間から場の空気が変わります。
通行料を払わないように、土地に止まらないようにダイスに祈ったり。
または土地を奪おうと企んでみたり。

あぁもう!書いてるだけでカルドやりたくなるわ!!
この瞬間が堪らないのです!
人によって様々な性格が出るのが楽しいのですよ。
一気にレベルを上げる人もいれば、慎重な人もいる。
がんがん攻める人もいれば、高額の領地に止まらない事に重点を置く人もいる。
デッキの内容が不利でもプレイングでひっくり返せる!
「ダイス」と「カードの引き」というランダム要素とのバランスがまさに絶妙です。

ダイスは平等です。
たしかに大事な場面で相手の高額領地に止まってしまった時にはダイス運を呪う時だってあります。
必要なカードを全然引けなくて負ける事もあります。
それでもデッキをしっかり作り、プレイングをしっかりやれば運の要素を呪う事は無いのです。
負けをダイスのせいにしてる内は強くなれません!
カルドのバランスは本当に素晴らしいのですから。




どうでしたか、カルドの事が少しはわかって貰えたら幸いです。


てゆーか
ここまで書いといてアレなんですけど、思い返してみれば俺のカルド暦って多分半年もやってないんじゃないかなぁ、とかなんとか。
よくこんな文章書くな、俺!
posted by つし at 07:14| Comment(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

たまごまつり

061029_0914~01.jpg
冷蔵庫にある卵の賞味期限がたしか今月末だったなぁ、と思い出して見てみました。
えーと?
今日って何日だっけ??

Oh!今日は29日じゃないかー!
ちなみに上に乗ってる卵の賞味期限は28日です。過ぎてますね。

この合計11個の卵をどうするか・・・
取り敢えず割ってみましょう。

ソイヤッ!
ソイヤッ!
ソイヤッ!
チッ!1個割るのをしくじったぜ!負けるかソイヤッ!
ソイヤッ!!







061029_0920~01.jpg

イッケネェー!勢いあまって全部割ってしまったァー!!


おいィ?どうするんだよこれ・・・
落ち着け、クールになるんだ俺。
卵というのは色々と料理に使える食材じゃないか。
料理が得意じゃない僕にだって出来る簡単な玉子料理を思い浮かべるんだ・・・

玉子焼き、目玉焼き、スクランブルエッグ・・・焼いてばかりだな。
ゆで卵・・・もう割ってしまったので無理だ。
玉子のスープなんかもいいかもしれない。

よーし、なんとかなりそうだ!
やってやるッ!やぁってやるぜぇぇぇぇええ!












061029_0945~01.jpg

上手に焼けましたァ〜

約10個分の玉子焼きは色んな意味でヘヴィーだぜ。




061029_0949~02.jpg
断面図



061029_0953~01.jpg
玉子乗せごはん




その後玉子焼きをおかずに玉子かけごはんを食べました。
真っ当に生きようと思いました。
posted by つし at 10:59| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

カルドと私 第二回

Trick and Treat!そしてDEATH!

散々ですね。
どうも、こんばんわ。
すっかり日本にもハロウィンが定着しましたね。
ハロウィンだから何かするっていう事は無いんですが、ハロウィンの色は好きです。
日本には無かった色だよなぁ、素敵。



さておき
相変わらずのカルドプッシュで行きたいと思います。
今回はクリーチャーの戦闘について!

まずはクリーチャーカードの説明から。
クリーチャーにはHPとSTがあり、戦闘ではST分のダメージを相手に与えてHPが残ってたら生き残りで、無かったら破壊という訳です。
そして1回の戦闘で1枚だけ装備カードという物を付けてもいいのです。
装備はHPやSTを増やす物やダメージを半減する物・反射する物と色々あります。
カードによって使える装備の制限も有り。
基本はこんなところです。

戦闘は侵略側か防御側かで大きくやる事が大きく変わります。
侵略側は相手を破壊する事。
防御側は領地を守るために破壊されない事。
書き出すと当たり前の事だけど、手札は6枚までしか持てないので常に両方のケースに備える事は難しいのです。

防御側のクリーチャーには
クリーチャーの属性と土地の属性が同じ場合、土地のレベル×10のHPが増える地形効果が有ります。
レベルは1〜5まであるので最大でHP+50までのボーナスが付くわけです。
HPが増えるというよりレベルの分ダメージを軽減する盾と言う方が正しいか。
つまり土地のレベルが上がると通行料が上がって、更に破壊されにくくなるって事です。

もう一つ支援効果という物があります。
戦闘が起こった土地の隣に自分のクリーチャーが居るとその数だけSTが+10される効果で、こちらは侵略側でも防御側でも得られます。


んでは実践。
敵プレイヤーの領地に止まったので侵略をする事にします。
地形/支援は無しとしましょう。
相手のクリーチャーはHP30:ST30
自分のクリーチャーもHP30:ST30
戦闘の流れは侵略側から攻撃になります。
侵略側の攻撃が終わった時に防御側が生き残っていた場合に防御側の攻撃に。
つまりこの場合だと侵略側の攻撃で防御側を破壊する事が出来ないので、侵略成功。
侵略したクリーチャーがその土地に配置される訳です。

同じながれでもう1回やってみましょう。
今度は防御側のプレイヤーの手札にHP+30の装備が有るとします。
この場合は防御側が装備を使うことで領地を守れるので、大抵の場合は使うでしょう。

では侵略側のプレイヤーの手札にもST+30の装備が有った場合はどうでしょうか。
ここで問題になって来る事が一つ。
カルドセプトというゲームは手札が公開されていて相手の手札に何があるのか分かってしまうのです。

普通カードゲームの醍醐味に相手の手札を推理する駆け引きが存在します。
色々な状況から相手の手札を予想したり、持っていないカードを持っているかのように振舞うブラフ等。
相手の手札を気にしないで行動する事は死に繋がるぞ!
ってくらい重要な要素です。

カルドセプトサーガでも手札は公開なのかはどうかはまだ確定していません。
手札がバレバレのカードゲームってどうなのよ、と最初は思いましたが慣れてくるととても面白いです。
思えばネット対戦なんて無い時代に一つのTVモニターで複数の人間が対戦する為に仕方が無かった事なのかもしれませんが、それも含めていいバランスに仕上がっている事に感動すら覚えます。
サーガではどうなるかわかりませんが、どっちでもいいよ!と僕は思っています。
両方に良さがあるのです。


話を戻しまして!
侵略側にはHP30:ST30のクリーチャーとST+30の武器
防御側にはHP30:ST30のクリーチャーとHP+30の防具
この場合侵略側は装備カードを使う事で確実に領地を奪えます。
防御側が領地の守れる可能性は防具を使わないと出ないです。
ここで防御側の考える事は「装備カード1枚+そのカードを使うコスト」と「領地を守れる可能性」どっちが大事か、という事です。
侵略側は領地を奪いたいと思った場合は装備を使うだけでいいので簡単です。
つまり防御側プレイヤーは侵略側のプレイヤーの考えを読んだ結果 武器を使ってくる!と結論が出た場合は防具を使わなければいいのです。
逆に侵略側が「防御側プレイヤーはこう考えて防具を使ってこない!」と考えれば武器を使わないで温存しておく事も出来る訳です。

この駆け引きが大好きです。
実際には侵略側は領地を奪いたいと思ったら武器を使うだけでいいので、大した事ではありません。
でもこの駆け引きの積み重ねが終盤大きくなっていくのです。
武器を使えば領地を奪える場面で毎回使っていたら肝心な時に武器が無くなります。
それらの事を全部含めて必要な時は侵略をして、必要じゃない時はおとなしく通行料を払うという答えを出していくのです。
だから相手の裏をかけたときは楽しいです。
裏をかいたつもりが失敗な時もありますが!それはそれで!

やたら分かりづらく書いた気もしますが実際のゲームだと
土地の価値・自分と相手の順位・残り時間など更に色々な要素が絡んでくるので答えは出しやすくなっています。
だからこそ相手の考えが読みやすくて楽しい訳ですよ。


こんな感じで!
駆け引きが楽しいゲームなので、それを説明出来たらいいなぁと思って書いたのですが、全然説明出来なかった!駄目だ!もう!
posted by つし at 06:20| Comment(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする